ブルースチール

劇場公開日

3%
21%
48%
15%
13%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ニューヨークを舞台に、殺人犯と女性警官との闘いを描いたポリス・アクション。警察学校を卒業し、以前から憧れていた警官になったメーガン。彼女は勤務初日に強盗犯を射殺するが、犯人の銃が現場で見つからなかったことから停職処分を受けてしまう。その銃は、偶然その場に居合わせ、彼女に魅せられたユージンという男が密かに持ち帰っていた。メーガンへの歪んだ想いから無差別殺人を始めた彼は、正体を隠して彼女に近づくが……。

1990年製作/102分/アメリカ
原題:Blue Steel
配給:ベストロン

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

フォトギャラリー

映画レビュー

3.0ストーリーが崩壊している。 拳銃強盗を射殺するも、犯人の銃が誰かに...

2021年11月5日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

ストーリーが崩壊している。
拳銃強盗を射殺するも、犯人の銃が誰かに盗まれた。できるか!拳銃突きつけられた店員もよく覚えていない。よほどのアホか!
そして持ち去った男は主人公といい仲に。もうええやろ!その後もアホな展開が続きに続く。
この手の話で映画を成り立たせる為には、主人公が強烈に魅力的でなくてはならないが、それもなし。すぐ寝るだけ(笑)
すぐ寝る女に警鐘を鳴らすには良い作品かもしれない(笑笑)
BSテレ東吹替版鑑賞

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
はむひろみ

2.5エリート知能犯との戦い

さん
2021年10月31日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

ジェイミーリーカーティス扮するニューヨーク市警新人婦人警官メーガンターナーは、巡回中に強盗事件に遭遇し見事射殺したが、犯人の持っていた拳銃を店の客が持ち逃げした。現場に銃が無かった事から過剰防衛と判断されたが、その拳銃で連続殺人事件が勃発した。

ブルースチールとは拳銃の隠語だと言う事だが、どうもアメリカでも拳銃を持つと人が変わってしまう人種もいる様だ。でもエリート知能犯と警官が偶然タクシーで乗り合わせるなんてちょっと短絡的だったね。

主演女優のジェイミーリーカーティスは、丹精で表情豊かな美人女優だね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
重

3.0ホラー映画以外のジェイミー・リー・カーティスを初めて見たが・・・

kossyさん
2021年2月28日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

 やっぱりホラーだった?と思ってしまうほど、彼女のキャラを生かしたポリス・アクション。メーガンに撃たれて即死したコンビニ強盗から44マグナムを奪って逃げた男ユージーン。steelをstealした?という英語のダジャレなのかと思った序盤から、人が死ぬ顔を見たくて連続殺人を犯すようになったヘンタイだ。

 金の相場師という仕事だったユージーン。人の不幸の上に成り立つ職業だと自嘲気味だったことも狂気に至る原因のような気がしたけど、一種の快楽殺人と決定的な証拠を残さない割にはメーガンに近づきすぎたうえに、彼女との一騎打ちに持ち込もうとするようになる。

 特に面白い趣向は弾にメーガンの名前を彫り込んだこと。メーガンが犯人になるように仕組んだとは思えないほど明らかに挑戦的な手口だったのだと思う。

 後に『デトロイト』や『ゼロ・ダーク・サーティ』で成功を収めたビグロー監督だけあって、画面に大写しになる表情や拳銃を中心に引きの映像がほとんどなく、時には効果的にスローモーションをも取り入れ、ビグローらしさを感じてしまう。ただし、ストーリー的には女性警官対偏執的殺人犯という他を寄せ付けないほどの個人対決なので、好みが分かれてしまいそう。原点は西部劇なんだろうか・・・

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
kossy

3.5正義との対比

カメさん
2020年12月23日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

個人評価:3.8
シガニー・ウィバーに次ぐ、強い女性の象徴ジェイミー・リー・カーティス。
流石のキャスリン・ビグローだけあって、一コマ一コマの空間はリアルだったが、90年作なだけに演出の古さや、犯人のディテールの曖昧さが感じられる。また濡れ場を不必要に入れたがる時代を感じる演出も違和感がある。
しかしながら、正義を行使する事と、殺人鬼の狂気とを重ね、上手く対比させた作品だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
カメ
すべての映画レビューを見る(全15件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る