白夜(1971)

劇場公開日

白夜(1971)
20%
60%
13%
0%
7%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

フランスの名匠ロベール・ブレッソンが、「やさしい女」(1969)に続き文豪ドストエフスキーの短編を翻案して描いたドラマ。ある夜、画家の卵ジャックはセーヌ河に身投げしようとする少女を助ける。1年前にアメリカ留学に発ち、その夜に再会を約していた恋人が現れないのだという。苦しむ彼女に恋心を抱きながら、同時に罪悪感に苛まれるジャックはひとりテープに思いを語りかける。舞台は原作の19世紀ペテルブルクから、撮影当時のパリに移されている。日本では1978年に劇場初公開。2012年、35mmニュープリントでリバイバル。

1971年製作/83分/フランス・イタリア合作
原題:Quatre nuits d'un reveur
配給:エタンチェ
日本初公開:1978年2月25日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

映画レビュー

3.5禁欲的でストイックな至極の映像美

2020年9月8日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

興奮

ブレッソン監督のドストエフスキー原作のラブロマンス。卓越した映像美が凄い。夜の水辺の街、水面に写るネオン、女性の美しい姿。決して積極的ではなく禁欲的でストイックな映像美。足音など音の使い方も相変わらず緻密。正に職人芸。これぞ至極というような感じ。溝口作品やタルコフスキー作品に匹敵するような最高級の芸術的映像美を堪能した。本作は他のブレッソン作品と比べるとラジオから流れる音楽や船上でのオーケストラの演奏など音楽の美しさをより効果的に使った演出が目立つ。マルトが部屋で音楽に合わせて体を揺らすシーンの美しさは圧巻。そして原作通りのラストの落とし所にブレッソン作品らしい厭世観が感じられて良かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
バンデラス

5.0パリの街に音楽が流れていた

abraxasさん
2017年4月20日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
abraxas
すべての映画レビューを見る(全2件)

他のユーザーは「白夜(1971)」以外にこんな作品をCheck-inしています。