アイス・ストーム

ALLTIME BEST

劇場公開日

アイス・ストーム

解説

1973年、ニューヨーク郊外コネティカット州。一見幸せそうに暮らすカーバー家とフッド家の二つの家族があった。しかし、親同士は複雑な不倫関係にあり、思春期の子供たちも性的関係を持つようになる。不倫された妻の精神的不安、裏切りと誘惑。心が通い合わない家族の孤独と悲しみを、凍てつく嵐の夜が飲み込んでいく……。多彩な登場人物ひとり一人を、印象的なエピソードで描き分けるアン・リー監督の手腕が光る。

1997年製作/113分/アメリカ
原題:The Ice Storm
配給:ギャガ・コミュニケーションズ

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第50回 カンヌ国際映画祭(1997年)

受賞

コンペティション部門
最優秀脚本賞 ジェームズ・シェイマス

出品

コンペティション部門
出品作品 アン・リー
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1

写真:AFLO

映画レビュー

3.0アン・リー監督作ということで期待度MAXだった当時。

なおさん
2022年1月16日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

劇場公開時鑑賞。
今から見ると子役時代のトビー・マグワイア、クリスティーナ・リッチ、イライジャ・ウッドが出ていて豪華なんだけど、父親三部作のアン・リーを好きな身としては、このドロドロ具合に腰がひけてしまう。凍てつくような嵐にわたしの心も凍えてしまった。『恋人たちの食卓』の後だっただけに、こちらが余計に過去作のイメージに囚われてしまったところはあるが…。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
なお

4.0どういう話かはほとんど覚えてないけど…。

2014年8月21日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

悲しい

興奮

難しい

あの冷たさを感じさせる舞台の雰囲気は未だによく覚えてる。何故かもう一度見たいと思う、そんな不思議な映画だった。
あと、クリスティーナ・リッチ!ちょっとぽっちゃりだけど、独特のエロスが滲み出てて、凄く良い感じの魔性の女の子だった(苦笑)トイレのシーンなんか、特にそう!!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
平田 一
すべての映画レビューを見る(全2件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る