どですかでん

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
28%
28%
28%
13%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

山本周五郎の小説『季節のない街』を映画化した黒澤明監督初のカラー作品。戦後のスラムを舞台に、電車バカの六ちゃんを取り巻く市井の人々のエピソードが、互いに入り組みながらユーモラスかつ幻想的に展開してゆく。木下惠介、市川崑、小林正樹そして黒澤明という日本を代表する巨匠4人で結成した“四騎の会”の第1回作品。これまでギラギラした人間像を描き続けてきた黒澤監督が、本作では彼本来のやさしさに立ち戻り、市井の人々へ向けて温かいまなざしを投げかけ、見る者の心を和ませる。

1970年製作/126分/日本
配給:東宝

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第44回 アカデミー賞(1972年)

ノミネート

外国語映画賞  
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

1.5何なんだろうこの映画。高尚の側に立てば何とでも言える気もするけど、...

2020年5月26日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

何なんだろうこの映画。高尚の側に立てば何とでも言える気もするけど、何なんだ。とは言え、よく欧州の巨匠もこういう何なんだ系のを撮るけど、職人から何なんだ路線に行き着く人は珍しいかも知れない。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
kazuyukichatani

3.5彫金師のたんばさんがいなくなったスラム街、それが21世紀の日本なのだ

あき240さん
2020年2月19日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

戦後すぐの焼け野原のバラックが舞台のようで、その実公開の1970年の現代であることはホームレスの子供が歩く夜の街頭光景ではっきりと明示される
高度成長期の繁栄は大阪万博で頂点を極めているときに黒澤監督はこれを撮ったのだ
戦後の復興を遂げ繁栄を極めた日本
しかし一皮向けばこのようなスラム街が残されている
どこに?
郊外のどこか?
違う
私達の心の中にあるのだ

六ちゃんは都電の運転手になりきって雨の日も休まず朝から夜まで乗務をしている
夢を持った発達の遅れた少年?
そうかも知れない
母がその現実を認めて向き合わす事が出来ないだけだ

浮気性の女房を持つ男は他人の子供と知りながら自分の子供として育てている
心の広い男?
真実を認めて現実を変える勇気を持たない男だ

土方の二組の夫婦はどちらも乱倫して平気だ
そんなことどうだっていいと考えている
二人の女房はどちらも男が稼いでくるなら誰だってよいのだ
二人の亭主も酔って帰って性欲を満たせるなら誰だってよいのだ

ホームレスの親子は空想の世界に遊ぶ
現実は関係ないのだ
空想の世界には立派な豪邸が計画中なのだから
子供が死んでも空想に生きるのだ

アル中の男は偉そうな口をきくだけで働きはしない
寝ずに働かせて衰弱した姪をレイブして平気な男だ
警察沙汰になりそうになったら屁理屈を並べて慌てて逃げるのだ

罪を犯した女と、精神を破壊される程にそれを許せない男
許せないのはそれ程までに愛しているからこそであるのだが、それを理解出来ない女
ならば精算するしかないのだが、女は木を見上げても行動には移れないのだ

傍若無人な妻を放置する島さんは、顔面神経痛を患うまで我慢しているだけで、妻を愛してはいないのだ
対決を恐れているだけだ

彫金師のたんばさんだけが、まともな大人だ
彼はいつまでこのスラム街にいるのだろう
彼がいなくなったらこの街はどのようになってしまうのだろうか
そんな不安におそわれる

これが1970年の一皮向いた日本の姿なのだ
見たくない現実の姿だ

ホームレスの親子は空想的平和主義で高尚な社会主義建設を目指すもの達

六ちゃんの見えない都電は、そこだけ共産主義を実践する村だ
あるいは日本の政権を担っているつもりで、空想的に政権運営をしている気でいる野党のことだ

他人の子を育てる男は、戦後日本の過ちを正せずにいる私達国民だ

土方の二組の夫婦は政権をたらい回しにしている与党の政治家だ
あるいは節操もなく合従連衡を行う政治家だ

アル中の男は偉そうな口だけは一人前だが、やってることはクズな野党の政治家だ

罪を犯した女と許せない男は、60年安保、70安保を許した日本の政治と世論と、憤懣やるかたなく悄然し凝り固まってしまった左翼の人々

顔面神経痛の島さんは、政府のやり方がおかしいと思っても黙って声を上げない私達国民だ

彫金師のたんばさんのような立派な人間もいないではない
しかし彼らはもう年配者となり退場しつつある

つまりすべてはこのような暗喩で構成されているのだ

見たくない現実を一皮剥ぎ取って見せているのだ
それは50年経った21世紀の日本も何も変わっていない

いや、彫金師のたんばさんがいなくなったスラム街、それが21世紀の日本なのだ
心の中に広がる荒涼したゴミ捨て場のスラム街
むしろ当時よりも広がってしまっているのだ

見たくない現実を映像で直視するというアイデアは、1974年の寺山修司監督の田園に死すの元ネタかも知れない

黒澤監督の初のカラー作品
カメラは1961年の用心棒以来タッグを組んでいる斎藤孝雄

夫婦交換する土方夫婦が黄色と赤で塗り分けされている
ご丁寧に服装、洗面器、タオルまでその色だ
ホームレスの親子の衰弱した青白い姿
犯されるかつ子のシーンは赤い造花に彼女が埋まっている
六ちゃんの空想の都電を描いた絵が、西洋の大教会の祭壇画のように四方の壁に貼りだされ、ステンドグラスのようにガラス窓に貼られて、色鮮やかな色彩を放つ、などなどとカラーを意識した撮影が見られる

しかし小津安二郎監督と厚田雄春カメラマンのタッグでのカラー作品への対応に比べると、カラーへの研究や工夫では、不足しているように思えてしまう

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
あき240

3.0・日本の集団の縮図はこんな感じなんだろうな ・姪に内職させてるクソ...

小鳩組さん
2019年5月27日
iPhoneアプリから投稿

・日本の集団の縮図はこんな感じなんだろうな
・姪に内職させてるクソ親父が本当に憎たらしいのは演技がうますぎるってことか
・浮浪児と連れの距離感が良かった

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
小鳩組

3.5笑わせにきてます。

2019年3月19日
Androidアプリから投稿

黒澤明、完全に笑わせにきてます。
【見ないふりをしてしまう】社会を平等にスクリーンに映し出しています。
客観的に観たり、自分に置き換えられる人物を考えたり、色んな観賞が出来ます。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
こっしー
すべての映画レビューを見る(全9件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「どですかでん」以外にこんな作品をCheck-inしています。