グリーンマイルのレビュー・感想・評価 (2)

メニュー

グリーンマイル

劇場公開日 2000年3月25日
51件中、21~40件目を表示 映画レビューを書く

完全に見入る

3時間と長い映画だが、長さを感じさせない映画だった。非常に内容は深い映画だが、見ていてわかりやすく良い映画だった

ジンジャー・ベイカー
ジンジャー・ベイカーさん / 2017年3月17日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

号泣

ただただ理不尽さと優しさに泣ける

アリの人
アリの人さん / 2017年3月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ドラマ系の映画の中で一番好きだった

言うことが無いくらい好き。

オレコウジ
オレコウジさん / 2017年1月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

2度目 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

改めて観たが、感動。が、コーフィを死なせない為のあらゆる活動をしたという過程が、淡白過ぎるかも。

たく
たくさん / 2016年9月29日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

たくさんの人が、映画を好きになるきっかけ

たくさんの人が、映画を好きになるきっかけになった映画ではたいでしょうか?

ストーリー、俳優陣、音楽、とても素晴らしい。
子どもでも、胸にぐっと来るものがあると思います。

Ayaka
Ayakaさん / 2016年7月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

どうしても許せない

デルが処刑される際、パーシーがデルにした事がどうしても許せない。
確かにデルは犯罪者だが、相手が誰かは重要じゃない。
性格の悪いクソガキのイタズラみたいに、平気で残酷なことを行ってしまえるあの感覚が、許せないのだ。

被害者や遺族の気持ちを代弁してやる、という思いからの囚人イジメならまだわかるが、パーシーの場合はただの娯楽だ。

よく、学校や職場なんかのイジメで『あいつが悪いんだからイジメても良いんだ』と正当化するイジメっ子がいるが、それと同じ。
誰だからイジメても良いだとか、これはイジメじゃないだとか、問題はそこではない。
娯楽として楽しんでしまえるかのような、その心が問題なのだ。

この映画、物凄く嫌な気分になれる。
人間の嫌な部分がたくさん描かれているから。

また、無罪の死刑囚コフィーが奇跡を起こす際の描写が面白いのと、納得のラストが印象に残った。

Arco
Arcoさん / 2016年5月6日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ネズミと共に。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

トムハンクスの演技が素晴らしい最後の処刑シーンで、悲しむべき所では無い、これがコーフィーの願いだからという表情にグッときた。

物語の核がファンタジー色の強い作品ですが、上手く映画として描かれていたと思います。

にゃんた
にゃんたさん / 2016年4月27日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 知的 萌える
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

満足度85%

スティーブン・キングが1996年に発表した「グリーンマイル」という小説を映画化した作品。死刑囚が収容されている刑務所を舞台とする映画にもかかわらず、全然怖い作品ではなかった。ジョン・コーフィは結局なんだったのか、不思議なパワーを持つ彼は何者なのか、「神の使者」や「自然そのもの」などいろいろな説はあるが実際はわからない。パーシーとウォートンに関しては何度も死ねばいいのにと思った。また、ポールが長生きしてしまうのは欲張ってメリンダをコーフィに治してもらったからであると思った。だってその結果メリンダから吸い取った病気をパーシーに移し、パーシーは頭がおかしくなり、ウォートンを殺してしまったのでコーフィを助けることができなくなったのだから。死ぬまでにみておかないと後悔する作品。

過去レビュー

K
Kさん / 2016年3月24日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

それが私の罰だ

この言葉がこの映画を繋いでいる
というかそれに集約されるとおもう

なんか生死とか善悪とかいろいろ
考えてしまう映画だ
善人を見殺しにすることは罪なのか
それにどんな理由があろうと罰を
受けなければならないのか

パーシーはちょっと気の毒だった
コーフィの演技力が凄くて、この映画に
迫力をもたせてる感じ
あとサムロックウェルのあの感じも
好きだった

JYARI
JYARIさん / 2015年12月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

テーマが理解されていない秀作NO1 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

人間はなんと利己的で醜いのか。
上司の美しい奧さんを助ける為には、色んなリスクを冒してコフィー(マイケル・クラーク・ダンカン)を檻から出していいように使う。しかしコフィーを無実と知りつつ死刑台に送ることは、「しょうがない」「本人が生きるのがつらいと言ってる」から等と、ポール(トム・ハンクス)を初め、刑務官達は何もすることもなく諦める。

あの頃の黒人を助けるすべはなかった?と、自分達を納得させる。
大部分の観客も、しょうがないと納得。無実だと知ってる人間を死刑台に送るのは、さぞや辛かっただろう!と涙ぐむ。そうなんだろうか?私はこの刑務官達の嫌らしさに、鳥肌が立った。何故、上司の美しい奧さんを助けた時のように、コフィーの為にリスクを冒さないんだ?

そして永遠の命を得たポールは、愛する者の死を見届け続ける。まるで罰のように。終わらない孤独。何故、ポールだけ罰を受ける?他の刑務官達は、安らかな死を迎えたのに?

本作は人間の身勝手さ、嫌らしさ、醜さ、世の理不尽さ、不条理さを描いた秀作であって、決して「無実の人間を死刑台に送った!俺たち(刑務官達)辛かった!」な、感動・号泣映画ではない

さぽしゃ
さぽしゃさん / 2015年8月7日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 5 件)

やはり名作

すごく久しぶりに観た。
大まかなストーリーは憶えていたけれど、細かいところは忘れていた。
トム・ハンクスはさすがだなぁと改めて思う。
また、何年後かに観てみたい作品。

kose
koseさん / 2015年6月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

真摯に生きる

すごく良かった。
刑務所に一匹のネズミが現れるのですが「こんな所に珍しい」と看守は楽しくなりお菓子をあげたり、またその食べる姿を見て笑顔に。視聴する者は思わずほっこり。人の命を処刑する、というとても重い題材ですが、その舞台で小さな命を、嫌われものの菌いっぱいのネズミを、包むように柔らかく扱う、それは「生を大事にしよう」と描かれているように思いました。
作中では処刑シーンが3つあります。縛り付けられて、人が人の手によって静かに死を与えられる。どれも目を背けたくなるようなシーン。中でもその1つが凄まじい残酷さ。観ていて怖くなったし苦しかった。

ジョンコーフィの不思議な力でたびたび奇跡が起きるのが観ているこちらも癒されるような気持ちになったり楽しい気持ちになりました。癒した後のワルイ物の表現方法が分かりやすく、怖くもあり楽しかったです。

最後まで観て…処刑シーンの残酷な描写は必要不可欠だったと感じました。行いの全ては誰かが見ている。悪い行いも逃さずに。

誰にでも平等に死はやってきますが、生を終わらせる事が出来る、という新しい視点を持てました(いずれ死ぬではなく、いずれ死ねる)。
現実とファンタジーが融合されたとても不思議な映画。限りある時間を大切に生きなさい、と優しく諭されてるようでした。

くまの
くまのさん / 2015年6月16日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 怖い 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

グリーンマイル

名作といわれているグリーンマイルをついに観賞しました。
正直どう説明していいのかがわかりません。
この作品の主旨がいまいち良く解っていないのは果たして私だけでしょうか??
また観るつもりでいます。
残酷なシーンがあったりと恐い一面もありますがエンディングまで観れば心が安らぎます。そういった感じの映画でした。
是非とも皆さんに観てほしい映画ですので
自信を持ってオススメします!

リ=ネイ・ケノービ
リ=ネイ・ケノービさん / 2015年5月18日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

さすが

大作だ。

shota
shotaさん / 2015年5月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

時間を置いてからの二度目の鑑賞

がかなりお勧めです。物語の冒頭から泣かせる映画になります。
名作なのは言うまでもなし。手元に置いておきたい作品ですよね。

GOODMORNING727
GOODMORNING727さん / 2015年4月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

トムハンクスの良作

好きな俳優のトムハンクス。ストーリーがキリスト神の奇跡(復活)とサイコパス性犯罪(西洋人の性犯罪多過ぎ)なミックスしたところがアメリカのユダヤハリウッドっぽい。

そして日本人には理解出来ないキリストユダヤイスラム教の罪sinのせいで長生きして死ね無い主人公。

最初見たときの囚人の黒人がデカ過ぎで怖かった。アメリカの刑務所には入りたく無いな。と思った。

44mm
44mmさん / 2015年2月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  怖い 知的 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

原作本も

良い作品。しかし映画も号泣。私のツボは署長の奥さんの病気が治るシーン。あれは名場面だわ。バリーペッパー、ホントに号泣してるでしょ、処刑シーン。サムロックウェルの悪役っぷりもイイ。

がい
がいさん / 2014年10月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

一見の価値アリ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

率直な感想、、、感動しました。
僕はトムハンクス扮するポールの、パーシーに対する対応に学ぶものがあると思いました。なにかと失態をしでかすパーシーは一向に反省しない。そんなパーシーにポールの仲間たちは感情的になります。しかしポールは寛容性でもって受け止めます。
僕はこの何気ないシーンに感動しちゃいました。
すいません、完全に話の筋と違うところで感動してしまった僕ですが、内容はシンプルで最終的には涙を流してしまいました。
ので、一見の価値はあると思いました。
超絶に雑(笑)。

ふみんご
ふみんごさん / 2014年9月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

誰にでもお薦め出きる良作

人それぞれ感性の違いがあるので映画のお薦めは難しいと思いますが この作品は10人中9人は良いと感じると思います

現に中.高生.職場の同僚.高齢者にお薦めしましたが皆 良作と言っておりました

若干 目をつむってしまうシーンもありますが一度は観なけゃ損な映画ですね

ひでちょこ
ひでちょこさん / 2014年7月30日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 怖い 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

リアルな感情

まず、ボスの性格のナチュラル加減が好きです。
まっすぐに、今の現状を察しながら何が正解か、自分の感情はどうなのかを考えてのリアルな行動。
ボスの全ての感情において、理解出来る所が、親近感もありとてもすきでした。
そしてこの映画の演出の仕方が本当に素敵です。
電気や、ねずみさん、口から吐くもの。
全ての演出において、理由があるように感じ、無駄ひとつありません。
演出として観客の人などをだすシーンは一つもなく
グリーンマイルだけの世界観があり、とても入りやすいです。

※ネタバレ※

コーフィはとても優しい男性です。
ですが、悪い男に罰を与えてしまうシーンがあります。
一瞬、コーフィなんでそんなことしたの!?
と思いましたが
コーフィはまっすぐにまっすぐにしか生きれない人で、
だからこそ、とてもこの力に苦しんでいままで生きてきたのだと感じました。

※がっつりネタバレ※

ボスが、「一緒に逃げないか?逃げれるところまでいってみないか?」というシーンがあります。
このセリフには、終わりがあり、
いつか捕まってしまうことはなんとなく表されています。
自分の人生が終わってでも、死刑には出来ない、という感情が強く感じました。
この人を助けたい、よりも。
同情などは一つもなく自分の感情だけで
そこまでできるボスがとてもリアルで
なんとも言えません。
コーフィは、この話を断りました。
とても、辛い、と。
それを聞いたとき
私の感情としては
早く楽にさせてあげて、
自分はコーフィの全てを一生記憶の中に生きさせてあげることがいいのではと思いました。
とても辛いですが、ボスはその後は、
私と同じことを思ったとは言いませんが
まぁ似たようなことを思い、受け止めたと思うと胸が苦しくなり
とても印象に残っています。
死刑のシーンは、もう号泣でした。
最後まで受け止めなければならないボスと
無実でも死刑されてしまうことを受け止められてるコーフィの二人の感情が
ずきずき伝わってくるようで涙が止まらなかったです。
電気がばちばちなり、ボスがまっ暗闇の中で光が散りばめられるシーンがありますが
その光景通りの感情を襲われて、その時が一番泣いてました。
このように演出される映画は
その空気に包まれてくような感情になり、好きです。
ラストのラストで、
コーフィを死刑にした罰が下されている
毎晩死ねるように願っている
というようなシーンがありますが
私としては、
コーフィからの贈りもので、
一生コーフィを忘れないようにくれたものだと思いました。
ねずみさんも生きていて、
コーフィはいろんなものを残していったなぁと思いました。
ボスの、早く死にたい。と思う所も
リアルでボスらしくて素敵だと思いました。
生と死について何か伝えてるのはとても分かりますが
そこは私には残念ながらまだ考えさせられるところがわからず
さらーっと流れていったので、スルーしますが、
とても悲しく重い映画を
昔の思い出を浸るように話が進んでいき
このように終わらせたこと、
ラストを少し軽くしてある所がお気に入りです。
.*・゚ 読んでくれた方ありがとうございました.゚・*.

もえ
もえさん / 2014年5月4日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 悲しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

51件中、21~40件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報