劇場公開日 2006年12月16日

長い散歩のレビュー・感想・評価

3.36
13%
68%
6%
0%
13%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全6件を表示

4.0主人公は安田松太郎。一瞬でもサッカーを思い浮かべると、松木安太郎の名と混同してしまう・・・

kossyさん
2021年2月3日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル、映画館

 高校の校長だった主人公。この団塊の世代の教師は「でもしか先生」と呼ばれる方が多く、いざなぎ景気を背景に「教師にでもなるか」「教師にしかなれない」と志願すれば誰でも教職に就くことができた世代だ。とはいってもレベルが低いわけではなく、逆に教師になってからがむしゃらに教育に取り組んで自分の家庭をも省みることがなかったのだろう。この安田松太郎(緒形拳)もその一人。娘に「人殺し!」と罵られるほど、アルコール依存症の妻を死なせてしまった悔恨の念を持っているのです。

 一人暮らしを始めたアパートでは隣人が夫婦喧嘩(実際はヒモ)が絶えなく幼児虐待をもうかがわせる。その被害者である5歳の少女サチ(杉浦花菜)の虐待を受けた痕跡がとても痛々しく、耐えられなくなった松太郎が彼女を連れ出してしまうストーリー。高岡早紀の狂ったかのような演技も凄まじく、胸が苦しくなりました。また女の子の叫び声や、しつけの行き届いてないことがわかる粗暴な態度。メロンパンしか食べたことがないような食生活。そして、「死」ということが未だ理解できていない、いたいけな少女なのです。

 虐待から解放したかっただけなのに、世間ではそれを誘拐というのが当たり前。行くあてもないような旅を続ける二人の間には、頑なに心を閉ざしていたサチが徐々にストックホルム症候群のように心を開き、信頼関係も生まれてくる。なにしろ、最初に名前を聞いたときには「ガキ!」と答えたほど。途中、唐突に現れたザンビア帰りの青年との微妙な関係も緊張感を与えてくれるが、ここでもまた「死」を考えさせられ、「おーい君、おーい天使、おーい青い空」という松太郎の詩の意味が浮かび上がってくるのです。目的地は家族で行ったことのある山の風景だったのだ。

 サチはずっと天使の羽を背中につけていましたが、新聞紙を破いて羽根のように切り貼りしたもので、最後のほうにはボロボロになっていました。もしやファンタジー映画だったのか?と思わせるシーンには驚きましたけど、急降下するようにラストの現実へと戻されてしまう展開もまたいい。人生は長い散歩。贖罪や巡礼という言葉にも象徴されるように、誰もが感じるような人生の重い十字架もいつかは晴れる日がやってくる。天使のパンツを被って反省しなければならないなぁ・・・

【2007年2月映画館にて】

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

0.5自己中ですね

2019年11月29日
PCから投稿

こんなに酷いストーリーに感動する人いるのかと思いますね。
犯罪者がなくならないわけだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アサシンⅡ

3.5気持ちが痛い

2019年5月17日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

いろんな社会の人々のしんどい気持ちが痛い。気持ちがささくれ立った痛いシーンが満載。で、そのしんどさを受け止めてあげることができる人が、世の中にはどれくらいいるだろう。出会えたら幸運。松っちゃん、犯罪だと分かっているのに救いたかったものはいったい何なのだろう。小さな愛情を大切にして育てていきたいと思わせる秀作。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
まこべえ

3.5感動しました。

2013年5月29日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ShiHo

3.5天使の羽根

2010年8月8日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

悲しい

萌える

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
冷おろし

1.0怒怒怒

2010年1月4日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

胸くそが悪すぎる映画
まじクソつまらない″超"時間の無駄ムービー
こんなのでメランコリーな気持ちになってはいけないし、色々考えてもいけないし、泣いてはいけない!!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ゲオルゲ・ハジ
「長い散歩」の作品トップへ