王の男

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
王の男
王の男
21%
26%
37%
5%
11%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

数々の賞を総なめにした舞台劇を原作に、2人の大道芸人と韓国史上最悪の暴君と呼ばれたヨンサングンの運命を描く歴史ドラマ。16世紀初頭の韓国。幼なじみの旅芸人チャンセンとコンギルは国一番の芸人になるという決意を胸に都・漢陽にやってくる。宮廷を皮肉った芸により人気者となった2人だったが、王の側近に捕られ、「王を笑わせることが出来なければ処刑する」と言い渡される……。05年韓国において歴史を塗り替える大ヒットを記録、大鐘賞では作品賞を含む10部門で受賞。

2005年製作/122分/韓国
原題:The King and the Clown
配給:角川ヘラルド映画

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2

(C)2005 Cinema Service Co., Ltd. All Rights Reserved

映画レビュー

4.0ゲイのためなら、王をも泣かす~♪「玉の男」と間違えないようにしてください。

kossyさん
2021年5月2日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 キャッチコピーは「それより奥は、見てはならない」である。当時公開された日本映画『大奥』への挑戦状とも感じ取れるのですが、暴君ヨンサングンやその宮廷内を描くというよりも旅芸人の二人があくまでも主人公なのです。それでも暴君の描写は興味深いもので、世間を知らないマザコン王という雰囲気から理不尽な処刑を繰り返す王へと豹変する様子に驚かされます。役者であるチャンセンとコンギルの芸に突如笑い出す姿はまさに北村一輝!これから地球を破壊していくX星人そのものでした。

 芸人のチャンセンとコンギルは旅芸人一座を抜け出し、漢陽の町で一旗挙げようと町の中で噂に聞いた宮廷内を皮肉った芝居で人気を得るのですが、不敬罪だとして王の重臣たちによって捕らえられる。「王を笑わせることができれば侮辱してることにならない」と主張し、王の前で風刺劇を敢行するという序盤のストーリー。下ネタばかりの芸なので、王が笑うわけないと思ったら、さすがに世間知らずのおぼっちゃま王にとっては新鮮だった。その晩には、早速妾と下ネタ芸ごっこをする始末なのだ・・・

 映画を観ている者にとって、決して笑える芸ではないのですが、宦官の下半身に「無」とかかれた布を見るとクスリと笑ってしまいました。ヨンサングンの時代、朝鮮史は全くわかりませんが、ハングル文字と漢字が混在していた16世紀の朝鮮。漢字のネタや伏線となる筆跡など、日本人にもわかりやすいけど、カブもあったとは知りませんでした。「9」をカブと言ってたし・・・

 コンギルは女形のような男性。チャンセンとは深い絆で結ばれた男同士。冒頭では男娼のような扱いを受けていたのですが、「後悔するぞ」というチャンセンの言葉でも感じられるようにゲイだったわけではなく、兄弟のような雰囲気。男の友情以上のものもあったのかもしれないけど、ラストシーンを見るとそんなことはどうでもよくなってきます。宮廷に入ってからは、燕山君も妓生遊びに飽きたのか、やがては彼を気に入るようになった。体の関係はあったのかどうか定かではありませんが、これを面白くないと思った王の愛人ノクスは復讐を思いつくという展開に突入します。

 マザコンから暴君へと変貌を遂げる心理劇のような王族の醜い争いとともに、一般庶民の生きていく強さがも感じられました。ただ、出世欲など持たずに笑って楽しく生きていく側と、王に取り入って貪欲に出世を目指す側とが対照的です。腹黒い奴だと庶民からも重臣からも嫌われるってことでした。

 音楽もよかったので、かなり満足できました。だけど、どうせ下ネタ満載なんだから、残酷描写があってもいいと思う。

【2006年12月映画館にて】

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

2.0綱渡りの如し

隣組さん
2020年7月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

デジタルリマスター版にて劇場鑑賞。固い絆で結ばれた2人の芸人と愛を知らない国王の想いが複雑に絡み合う宮廷ロマン大作。度々登場する綱渡りのシーンは死と自由が背中合わせの芸人の生き様と重なりまさに綱渡りの如し。そしてイ・ジュンギの美貌は本当に美しくて彼の出世作に相応しい。
2020-113

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
隣組

2.5イ・ジュンギはとても美しかったけど、

fdさん
2018年3月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
fd

1.0中性的なイジュンギさん

ぢうりさん
2012年12月29日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

単純

寝られる

雰囲気もしっとり女っぽいですね、綺麗です。
この映画結構話題になっていたような気がするけど?全く面白くなかった。
つまらなかった。「これから面白くなってくるのかな」と観ていたけど最後まで退屈でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ぢうり
すべての映画レビューを見る(全4件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る