「愛を語りたくなる」I am Sam アイ・アム・サム jedaimasterさんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

I am Sam アイ・アム・サム

劇場公開日 2002年6月8日
全77件中、16件目を表示
  •  
映画レビューを書く

愛を語りたくなる

愛に包まれるということを考える映画でした。泣くための映画ではないし、泣かせようという意図のある映画でもない。それでも泣けるシーンはいくつもありました。わたしが泣けるのは、ルーシーが、夜中、無邪気に何度も出かけていくところ。全編ビートルズソングの使われ方が鮮やか。歌の内容がいちいちフィットしていて、ビートルズを逆に見(聴)直したり!お父さんのビートルズソング裏話、娘のそのことへの理解、弁護士の奮闘、ピアノの先生による解釈、みんな素敵!エンドロールの絵、色彩にも唸らされました。

jedaimaster
さん / 2018年2月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報