エリザベスタウン : 映画評論・批評

エリザベスタウン

劇場公開日 2005年11月12日
2005年11月8日更新 2005年11月12日より日劇1ほか全国東宝洋画系にてロードショー

オーランドの純粋キャラっぷりがキャメロン節にマッチ!

画像1

よくも悪くも、キャメロン・クロウらしい映画である。お人好しでセンチメンタルな主人公の成長と、人生に対する愛情をうたいあげるスウィートな映画。コミカルで心温まるエピソードが散りばめられ、もちろん、音楽がその詩情を盛り上げる(試写では歌詞にまったく字幕が付いていなかったが、公開版でもそうなら犯罪的!)。ただし、今回は少々、そのおセンチぶりが過剰に感じられてしまうところもある。

仕事の大失敗でどん底まで落ち込んだドリューは、父の死を知りその故郷へと旅に出る。映画は彼が旅の過程で恋に落ち、見知らぬ親戚と触れ合いながら混乱した気持ちをほぐし、再生していく姿を描いている。ところが、恋愛部分以外のエピソードや関係性がうまくかみ合わず、舌っ足らず。親戚たちの個性が生きていないし、父親像、そして父への思いも靄がかかったよう。だからもうひとつ、見ていてドリューの感傷に乗り切れない。

しかし、それでも憎めない映画だ。それは、真に愛すべき主人公のキャラのせい。オーランド・ブルームがもつ気恥ずかしくなるほどの純粋キャラっぷりが、キャメロン節に驚くほどマッチ! 彼がときどき見せるリアルな人間味が、キャメロン作品特有のやさしい気分を運んでくれるのだ。

若林ゆり

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

映画レビュー

平均評価
3.4 3.4 (全21件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

  • ワイルドライフ ワイルドライフ 14歳の少年の多感が画面から溢れ出る。初監督作とは思えない驚きのクオリティ!
  • ピアッシング ピアッシング 異常心理、猟奇、ユーモアを斬新なアートワークでくるんだナイトメア映画
  • X-MEN:ダーク・フェニックス X-MEN:ダーク・フェニックス 現体制最後のX-MENは、旧シリーズの一大事件を踏襲し、テーマの原点へと帰着する
新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報