「CIAの記憶」ボーン・アイデンティティー kossykossyさんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

ボーン・アイデンティティー

劇場公開日 2003年1月25日
全74件中、5件目を表示
  •  
映画レビューを書く

CIAの記憶

 マット・デイモンの鍛えられた肉体、アクションに満足。記憶は無くても体が反応してしまい、瞬時の記憶能力も優れている。一番気に入ったのは、触った物を全て覚えて指紋を拭き取ることだった。何故か突っ込みたくなるような疑問点もちらほら・・・スイスまで行くのにパスポートは要らなかったのだろうか。

 途中、パリでのカーチェイスは凄い!秘密が多くてわけがわからないけど、CIAがウォンボシ氏暗殺をジェイソンに依頼し、失敗。漂流して漁船に拾われたというところ。そしてCIAはその後始末をしようとジェイソン暗殺に躍起になっている構図だ。教授(ダニエル・クレイグ)を倒したとき「トレッドストーン」のせいだと言っていたのが気になるところ。

kossykossy
さん / 2018年12月9日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報