blue(2001)

劇場公開日

blue(2001)
21%
43%
29%
7%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

魚喃キリコの同名コミックの映画化は、TV「つげ義春ワールド/義男の青春」(98)、映画「dead BEAT」(98)などの安藤尋監督が5年間温めてきた念願の企画。「とらばいゆ」の市川実日子、TV「ちゅらさん」の小西真奈美はじめ、今宿麻美、仲村綾乃ら注目の若手女優が共演。高校3年生のカヤ子。そろそろ進路を決めなければならない時期だが、彼女の目は、いつもクラスメートの遠藤を追ってしまう。

2001年製作/116分/日本
配給:ミコット、スローラーナー

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1

(C)Rinko Kawauchi

映画レビュー

4.5結構好き、この空気感。

EMIさん
2015年6月15日
Androidアプリから投稿

見た当時私も高校生だったから、この絶妙な空気とやり取りに憧れてた。
小西真奈美が大人っぽくてかっこいいと思った覚えアリ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
EMI

5.0完璧な世界観

mame....さん
2014年7月22日
PCから投稿

悲しい

幸せ

萌える

音楽、映像美、キャスト、全て素晴らしい。
大げさに騒ぎ立てず淡々と過ぎていく時間が切なさを助長しますね。
青春の儚さ、危うさ、美しさそのもの。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
mame....

4.5青い春とはこのこと・・・

saiyumiさん
2011年8月15日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

モデル時代から大好きな今宿サンの映画デビュー作!
いまでも一番好きなストリートモデルです★
また、中高とanan&オリーブ少女だった私は
みかこちゃんもまなみちゃんも大好きな存在。
かつキリコさんの作品の中でも一番好きなお話。

だから私にとって奇跡のような映画です!

たしかこの作品は新潟ロケでしたね。
私も2年前旅行で直江津のあたりを電車で通りました。
ちょうど日没後のいわゆるトワイライトタイムでした。
ほんとにあんなblueは初めてみました。

そして真っ先に浮かんだのはこの作品の原作です。

こちらも漫画自体が映画のカットのようなコマ割りで
何度読んでも泣ける名作です。

"純粋"とは何かを教えてくれる。

いつまでも忘れないようにしよう。

そう思わせてくれる作品です。

だから【blue】にまつわる世界すべてを
ひっくるめて・・・愛しています。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
saiyumi
すべての映画レビューを見る(全3件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「blue(2001)」以外にこんな作品をCheck-inしています。