劇場公開日 2005年4月23日

Shall we Dance? : 映画評論・批評

2005年4月15日更新

2005年4月23日より日劇1ほか全国東宝洋画系にてロードショー

クラシックな日本映画のように、おとなしくて上品な映画

画像1

日本版とそっくり同じなので驚いたというか、拍子抜けした。キャラクターもそのまんま。竹中直人キャラのスタンリー・トゥッチはカツラをかぶったラテンノリのおっさんだし、渡辺えり子キャラのリサ・アン・ウォルターも太めでズケズケものを言うおばさんだ。主人公のリチャード・ギアも日本版と同じ、誠実で優しい人。唯一違うのはその妻のスーザン・サランドンが、専業主婦ではなくキャリア・ウーマンという点だが、やはり自己主張は強くない。そして憧れのダンス教師を演じるジェニファー・ロペスまでが、猫をかぶったように草刈民代的ストイックな女性に終始している。

つまり、アメリカ映画であるにもかかわらず、彼らは日本人のように慎ましく行動するのだ。ギアを挟んでJ.Loとサランドンが火花を散らすなんてことは起こらない。オリジナルの周防演出を尊重したせいだろうが、まるでクラシックな日本映画のように、おとなしくて上品な映画になったのが興味深い。

ダンスが上達して心がウキウキしていくところや、競技会でのギアのダンスの美しさには感動するが、今ひとつ、パンチと盛り上がりに欠けるんだよね。アメリカ人には俳句的静の世界は似合わないってこと?

(森山京子)

Amazonで今すぐ購入

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る
「Shall we Dance?」の作品トップへ