「悪魔の子ダミアン」オーメン(2006) だいすけさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「オーメン(2006)」 > レビュー > だいすけさんのレビュー
メニュー

オーメン(2006)

劇場公開日 2006年6月6日
全6件中、6件目を表示
  •  
映画レビューを書く

悪魔の子ダミアン

リチャード・ドナー監督、グレゴリー・ペック主演の
オカルト映画の名作です。

6月6日午前6時、ローマの病院で2人の子供が生まれます。
1人は生まれてすぐに死に、1人は親を失い外交官である
主人公に引き取られます。

そして、ダミアンと名付けられたその子供の周囲で
不吉な事件が起こり始めます。

宗教を背景にした物語なので、日本人には「?」なところもあるんですが、
映像的にも演出的にも「怖さのツボ」をうまく突いてくる映画です。

だいすけ
さん / 2009年3月25日 / から投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  怖い 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報