オーメン(2006) : 映画評論・批評

オーメン(2006)

劇場公開日 2006年6月6日
2006年6月6日更新 2006年6月6日よりスバル座ほか全国東宝系にてロードショー

ダミアンの“かわいげのなさ”が強烈

画像1 (C)2006 TWENTIETH CENTURY FOX All rights reserved.

あの不吉な数字“666”でおなじみの悪魔の子ダミアンが、06年6月6日の悪魔デーに全世界のスクリーンで復活。日本でも封切りは土曜日という興行的慣習を覆し、同日の火曜日にロードショーされる運びとなった。さすがは悪魔、と唸らずをえない用意周到なイベント的演出である。

で、肝心の中身は、極めて緻密な仕上がりを誇った1976年のオリジナル版をほぼ忠実に受け継いでいる。とはいえ当然いくつか目を引く違いがあり、なかでも新人子役が演じるダミアンの“かわいげのなさ”が強烈だ。序盤から頑ななまでに不気味な無表情を貫き、教会に行く途中の車中や動物園でパニックを引き起こすなど、悪魔オーラを遺憾なく発散。この手の映画の常道である“あんな可愛い子が悪魔とは……”という見せ方を省略しているため、ジュリア・スタイルズ扮するヒロインが母親らしい情愛を見せる場面がほとんどないまま「あの子は異常だわ!」と訴える悲痛な姿に、唖然としつつもつい頷いてしまう。

一方、ジョン・ムーア監督の演出は、オリジナル版にないサブリミナルな怪奇イメージを挿入したり、衝撃の“首切り”シーンをリニューアルするなど工夫を凝らしている。さらにフレームの外から迫力満点の音響とともに、黒犬や悪魔の手先のベイロック夫人が襲いかかってくるショック描写は、怖いと感じる余裕もなく「勘弁してよ」とグチをこぼしたくなるほど心臓直撃の唐突さ。時代が変われば、悪魔の怖がらせ方も変わるということか……。

高橋諭治

関連コンテンツ

インタビュー

ジョン・ムーア監督インタビュー
インタビュー

いつか「ブルーマックス」をリメイクしたい。そんな夢を抱くハリウッドのヒコーキ野郎ジョン・ムーアが、ジャンル違いとも言えるオカルトホラー「オーメン」のリメイクを手掛けた。しかもほぼオリジナル通りに。今回はその心境と、恐怖(!)の舞台裏を...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

映画レビュー

平均評価
2.9 2.9 (全6件)
  • 良質なホラー 劇場公開以来10年ぶりに観た。しかも6月6日に。 それはさておきオリジナル板は観ていないので比較できないが、これはこれで良質なホラーに仕上がっていると思う。何より悪の存在が自ら直接手を下すこと... ...続きを読む

    M.Kotaro M.Kotaroさん  2016年6月7日 02:20  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 666 ネタバレ! ...続きを読む

    ゆうり ゆうりさん  2016年4月5日 20:40  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 偶然か本当に悪魔の子か オーメンは旧シリーズの方も観たことがなく テレビでたまたまやっていて今回初めて観た ダミアンかわいい アニメのアナザーはコンセプト的には この作品を過激にしたような内容だったのかな 通常あり... ...続きを読む

    tabletap tabletapさん  2015年11月14日 23:50  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報