劇場公開日 2002年2月16日

マルホランド・ドライブ : 映画評論・批評

2002年2月1日更新

2002年2月16日よりシネマスクエアとうきゅうほかにてロードショー

リンチ復活。「ツイン・ピークス」にハマった人は必見

ご存知の方も多いと思うが、「マルホランド・ドライブ」はもともとABCネットワークのTVシリーズ用の企画であった。しかし、リンチの撮ったパイロット版は局のプロデューサーに却下され、「ツイン・ピークス」ふたたび、の期待は潰れたかに見えた。

しかも、次にリンチが世に出したのは「ストレイト・ストーリー」だった。リンチウィルスに免疫のない人々はみな涙腺を緩めたが、これは熱狂的なリンチファンには手放しで喜べるような映画では到底なかった。リンチの撮る人情話など、それがどんな美談であろうがマーケットに需要なんかない。

だが、リンチは1年足らずで本来の場所に戻ってきた。アメリカのTV局に捨てられたパイロット版は、ヨーロッパの見識ある出資者のおかげで、劇場映画として見事に再生したのである。“所詮、TV番組の焼き直しに過ぎないのでは”という不安は、まったくもって杞憂に過ぎない。当初、結末など考えもせず、物語を拡散気味に語っただけのパイロット版を、リンチはものの見事に映画の文法でハードランディングさせることに成功しているのだ。

謎解きと深読みに費やす至福の2時間半。そう、あの中毒症状にまた蝕まれる。何度でも観るべし。

(編集部)

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る
「マルホランド・ドライブ」の作品トップへ