劇場公開日 2005年3月26日

「"伝記映画"の限界と可能性」アビエイター keitaさんの映画レビュー(感想・評価)

3.118
5%
37%
47%
7%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

4.0"伝記映画"の限界と可能性

keitaさん
2012年3月18日
フィーチャーフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

怖い

90年代以降、復活し名実ともに巨匠であることに疑いの余地は無いスコセッシの作風は根底を貫くアイデンティティーは一貫しているものの、より洗礼され、より映画らしくなった。
富と名声を欲しいままにしてきたヒューズだが、やはりただの大富豪としての人生を歩むことは出来ない。
精神が侵されて行く様をスコセッシは一人称的視点で描く。
だが、ヒューズと私達の間には絶対的な隔たりが存在し、スコセッシは決して感情移入をさせない。
どんなに苦しみ、もがこうとも私達はただ見つめるだけなのだ。
また、彼は史上類いまれなるオープニングとエンディングのセンスを持っている。

映画の力も限界も知り尽くしたスコセッシが描く"伝記映画"の限界と可能性を見せつけられる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
keita
「アビエイター」のレビューを書く 「アビエイター」のレビュー一覧へ(全18件)
「アビエイター」の作品トップへ