コラム:若林ゆり 舞台.com - 第80回

2019年6月18日更新

若林ゆり 舞台.com

第80回:ミュージカル「ピピン」は日本語版も最高レベルで観客に魔法をかける!

だからなのだ。この公演の観客は、舞台の一部になったような感覚を楽しめるようになっている。たとえばピピンのおばあちゃん、バーサ(中尾ミエ前田美波里のWキャスト)と一緒に歌いながら、その荒技に驚きながら、「好きなことをして人生を楽しまなきゃ」と心から思える瞬間はほんとうに心地いい!

また、この作品を日本版ではなく日本語版としているのは、「日本語」に非常なこだわりを持っているからでもある。メインキャストのうち城田優クリスタル・ケイ、宮澤エマがネイティブ英語をしゃべることもあって、稽古場ではパウルスとキャストが英語で指示や確認を飛ばし合い、セリフだけが日本語という不思議な状態に。城田が「extraordinary」の訳語に「ここでは“もっと”と強調したい」と提案したり、パウルスの意向を汲んで“偏見”とされていた言葉を“差別”に直されたり。

画像1

「稽古場ではセリフの翻訳をどうしていくか、一語一語検証しながら着地点を探っているところよ。演者もエキサイトしているから、稽古場はものすごい熱を帯びているの(笑)」

そう言うパウルスも熱っぽい人だが、実は半分日本人だとか!

「父は戦時中に軍人として来日したアメリカ人で、進駐軍が東京宝塚劇場を占拠してアーニー・パイル劇場と呼ばれていた頃にそこで演出をしていたそうなの。そのとき出会ったのが母。母は亡くなってしまったけれど、宝塚の大ファンだったのよ」

「日本に来るまでは日本版がどうなるかまるで見当がつかなかった」というパウルスも、稽古を始めてからは日本のキャストたちに「圧倒されている」と賞賛を惜しまない。

「日本のキャストは、スキルも演技も、ユーモアも最高レベルよ。私は毎日のようにアメリカのスタッフに電話して『今回のキャストを見に来なきゃダメよ、いままでで最高よ!』と言っているの。(城田)優はインクレディブルよ! 彼はすでにピピンという役柄をつかんでいる。ピピンの情熱、滑稽さ、ユーモアのセンスがあり、素晴らしい歌い手でもあるわ。アメリカのスターはあれほど気さくじゃない(笑)。優はスターらしいそぶりを見せることなく、腕まくりをして『やりましょう!』という感じね。クリスタルも、バーサ役の2人も、宝塚のトップスターの方(霧矢大夢)も、誰ひとりエゴや虚栄心を持っていない。クリスタルはミュージカルをやるのは初めてなんでしょう? からかわれているのかと思ったわ(笑)。彼女は毎日、すごい勢いで変わっている。つねに『教えて教えて、何をすればいいの?』って、何もかも吸収したくてしょうがない。彼女はすべてを持っていると思うわ」

撮影:若林ゆり
撮影:若林ゆり

完全に同意だ。未熟な純真さを湛えた城田ピピンの心の動きに、観客は呑まれ、共鳴する(前髪が目の表情を隠してしまうのだけはちょっと残念)。実は、シンガーのクリスタル(1カ月前の稽古場から別人級に鍛え上げられた肉体と声の妖しさ!)をこのミュージカルに「Join Us!」とラインで呼び込んだのは、10年来の友人である城田。クリスタルは偶然、ニューヨーク滞在中にこの作品を観劇して大感激、おまけにリーディング・プレイヤー役のパティーナ・ミラーに間違われたという“縁”があったそうだ。開幕直前に城田は、言葉を尽くして作品の魅力を訴えた。

「これが、城田優のミュージカル史上、いちばん難易度が高く、チャレンジングでありスリリングであり、誰が見ても『すごい』と、ひと目でわかる作品。今後僕が演じる役として、これ以上は絶対にないと言い切れますし、いましかできない。ジャンルは『ピピン』としか言いようがない作品で、ただ座って見ていればどんどん感動が感動に重なって、最終的に何で泣いているのかわからないくらいになっちゃうと思う。僕は毎回、個人的な城田優としても泣いています。演じていながら、お客さん側の感情も持っている感覚があるから。『見たら一生忘れられないものをお見せしましょう!』というリーディング・プレイヤーのセリフどおりだし、絶対観たことない! これがデビューのクリ(クリスタル)も、高すぎる要求に見事、応えています。僕、自分の出る作品をこんなに興奮してしゃべることはないんです。お客さんとしてはこれほど楽しいものはない。こんなに魔法にかかったような時間はめったにない。ぜひぜひ劇場へ見に来て、僕が言っていることが本当かどうか確かめてください!」

ミュージカル『ピピン』日本語版は6月30日まで東急シアターオーブで上演中。7月には名古屋、大阪、静岡でも公演あり。詳しい情報は公式サイトへ。
http://www.pippin2019.jp/

筆者紹介

若林ゆりのコラム

若林ゆり(わかばやし・ゆり)。映画ジャーナリスト。タランティーノとはマブダチ。「ブラピ」の通称を発明した張本人でもある。「BRUTUS」「GINZA」「ぴあ」等で執筆中。

Amazonで今すぐ購入