全米映画ランキング : 2017年2月24日~2017年2月26日

ホーム > 映画ランキング > 全米映画ランキング : 2017年2月24日~2017年2月26日
メニュー

全米映画ランキング

2017年2月28日更新 藤井竜太朗

全米映画ランキング:2017年2月28日発表(毎週月曜日更新)

全米週末興行成績:2017年2月24日~2017年2月26日
(金額・順位は確定後のもの)Rentrak Box Office Essentials

順位 先週 タイトル/邦題 配給
(日本配給)
上映週 週末の興収
(単位:$)
累計興収
(単位:$)
第1位 Get Out Get Out Universal 1 33,377,060 33,377,060
第2位 1 レゴバットマン ザ・ムービー The LEGO Batman Movie
「レゴバットマン ザ・ムービー」
Warner Bros.
(ワーナー・ブラザース映画)
3 19,208,097 133,214,675
第3位 4 ジョン・ウィック チャプター2 John Wick: Chapter 2
「ジョン・ウィック チャプター2」
Summit Entertainment
(ポニーキャニオン)
3 9,358,982 74,771,682
4 3 グレートウォール The Great Wall
「グレートウォール」
Universal
(東宝東和)
2 9,125,960 34,831,600
5 2 フィフティ・シェイズ・ダーカー Fifty Shades Darker
「フィフティ・シェイズ・ダーカー」
Universal
(東宝東和)
3 7,792,655 103,727,870
6 5 Fist Fight Fist Fight Warner Bros. 2 6,571,348 23,446,175
7 6 Hidden Figures Hidden Figures 20th Century Fox 10 5,805,737 152,746,541
8 9 ラ・ラ・ランド La La Land
「ラ・ラ・ランド」
Lionsgate
(ギャガ、ポニーキャニオン)
12 4,689,292 140,949,357
9 7 スプリット Split
「スプリット」
Universal
(東宝東和)
6 4,098,990 130,823,885
10 11 LION ライオン 25年目のただいま Lion
「LION ライオン 25年目のただいま」
The Weinstein Company
(ギャガ)
14 3,832,257 42,840,594

■批評家絶賛のホラー「Get Out」が首位デビュー

アカデミー賞授賞式の週末。全米ボックスオフィスは3本の新作がリリースされ、低予算ホラー「Get Out」が約3300万ドルのオープニング興収で首位に立った。

同作は「パラノーマル・アクティビティ」「インシディアス」といった人気ホラーシリーズやデイミアン・チャゼル監督の「セッション」を手がけてきたジェイソン・ブラム製作のホラー。アフロ・アメリカンの青年クリスは、週末を使って白人の恋人ローズの実家に訪問するが、そこでさまざまな「恐怖」に襲われることになる。

監督はコメディ番組「Key & Peele」でブレイク、昨春「Keanu」で映画初主演を果たし、本作が長編映画デビューとなるジョーダン・ピール。ホラー映画の手法で人種差別の「闇」を描出した手腕を多くの批評家が絶賛。興行面でも製作費約500万ドルながら、最初の週末だけで6倍以上の興収をあげる大ヒットとなった。

出演は「ボーダーライン」のダニエル・カルーヤ、TVシリーズ「GIRLS ガールズ」のアリソン・ウィリアムズ、TVシリーズ「ザ・ホワイトハウス」のブラッドリー・ウィットフォードに、キャサリン・キーナー。

2位は「レゴバットマン ザ・ムービー」で、累計は約1億3300万ドルに。3位「ジョン・ウィック:チャプター2」は累計が約7470万ドルとなり、今週末にも前作の最終興収の2倍になる見通し。

その他、ニコラス・ホルト、フェリシティ・ジョーンズ主演の「アウトバーン」とアニメ「Rock Dog」の新作2本は全く振るわず、圏外スタートとなった。

今週末は、2000年からヒュー・ジャックマンが演じてきた「X-MEN」シリーズの人気キャラクター・ウルヴァリンの最後の戦いを描く「ローガン」(ジェームズ・マンゴールド監督)に、石田純一の娘すみれが精霊役で出演しているサム・ワーシントン主演の宗教ドラマ「The Shack」などが公開となる。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す
Jobnavi