ドリーム
ホーム > 作品情報 > 映画「ドリーム」
メニュー

ドリーム

劇場公開日

解説

1962年に米国人として初めて地球周回軌道を飛行した宇宙飛行士ジョン・グレンの功績を影で支えた、NASAの3人の黒人系女性スタッフ、キャサリン・ジョンソン、ドロシー・ボーン、メアリー・ジャクソンの知られざる物語を描いたドラマ。ソ連とアメリカの宇宙開発競争が繰り広げられていた61年、米バージニア州ハンプトンにあるNASAのラングレー研究所に、ロケットの打ち上げに必要不可欠な計算を行う黒人女性グループがいた。なかでも天才的な数学の才能をもつキャサリンは、宇宙特別研究本部の計算係に抜てきされるが、白人男性ばかりのオフィス環境は、キャサリンにとって決して心地よいものではなかった。一方、ドロシーとメアリーもそれぞれ、黒人であるというだけで理不尽な境遇に立たされるが、それでも3人はひたむきに夢を追い続け、やがてNASAの歴史的な偉業に携わることとなる。キャサリン役で「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」のタラジ・P・ヘンソンが主演し、ドロシー役を「ヘルプ 心がつなぐストーリー」のオクタビア・スペンサー、メアリー役を「ムーンライト」などにも出演している歌手のジャネール・モネイが演じた。監督は「ヴィンセントが教えてくれたこと」のセオドア・メルフィ。ミュージシャンのファレル・ウィリアムスが製作と音楽を担当。

作品データ

原題 Hidden Figures
製作年 2016年
製作国 アメリカ
配給 20世紀フォックス映画
上映時間 127分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

誇り高くチャーミングなヒロインたちが差別と闘う、痛快エンターテイメント
ドリームの映画評論・批評

あの名作「ライトスタッフ」で描かれた、アメリカ宇宙開発史に残るマーキュリー計画には、知られざるヒーローたちがいた。驚くべきことにそのヒーローたちは女性で、しかも有色人種だった! これは、埋もれていたアメリカの歴史秘話をベースにした全米...ドリームの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
4.2 4.2 (全228件)
  • 差別を突破する真なる数式 邦題問題で一悶着あった本作だが、下馬評通り作品自体は、大変しっかりした内容だった。 問題意識は主に2つ。1つは差別問題。バスの座席など、白人と有色人種が明確に区別される時代に、黒人女性が多くの難... ...続きを読む

    ローチ ローチさん  2017年10月14日  評価:4.5
    このレビューに共感した/2
  • あらゆる細部が絶妙に機能し、軽快かつ眩い輝きを放つ傑作 公民権運動が巻き起こる60年代を舞台にしながら、これほど力強くも軽快なドラマが織り成されていくとは想像もしなかった。その演出手腕もさることながら、キャストやスタッフが細部に至るまで絶妙な感性を注... ...続きを読む

    ぐうたら ぐうたらさん  2017年9月30日  評価:4.5
    このレビューに共感した/11
  • 3人の女優たちが常に凜としている!! アメリカがソ連に対抗して推し進める宇宙進出プロジェクト"マーキュリー計画"を影で支えた黒人女性スタッフたちの足跡は、まさに映画の原題「Hidden Figures(=隠された人物)」と題するに相... ...続きを読む

    MP MPさん  2017年9月30日  評価:4.0
    このレビューに共感した/2
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「ドリーム」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

映画ニュースアクセスランキング

映画ニュースアクセスランキングをもっと見る
Jobnavi