ドリームのレビュー・感想・評価

メニュー

ドリーム

劇場公開日 2017年9月29日
229件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

差別を突破する真なる数式

邦題問題で一悶着あった本作だが、下馬評通り作品自体は、大変しっかりした内容だった。

問題意識は主に2つ。1つは差別問題。バスの座席など、白人と有色人種が明確に区別される時代に、黒人女性が多くの難問に直面し、それでも自らの生き方を貫いていく姿。
黒人用トイレが離れにしかなく、そこに行くのも一苦労という状況から、マーキュリー計画に無くてはならない人材になる様が描かれていく。

面白いのは、NASAという天才集団において、差別はあっても、彼女が作った数式は差別されない点だ。正しい数式はウソをつかないのだ。

もう1つは、機械は人間の労働を奪うかという点。IBMのコンピュータが配備され、計算係は不要とされる噂が飛び交う中、オクタビア・スペンサー演じるドロシーは黒人女性たちを率いてプログラミング言語を習得していく。変化にいち早く対応し、新しいものを吸収していく人材はいつの時代も、どれだけ技術が発展しても必要とされるのだ。

ローチ
ローチさん / 2017年10月14日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  楽しい 興奮 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

あらゆる細部が絶妙に機能し、軽快かつ眩い輝きを放つ傑作

公民権運動が巻き起こる60年代を舞台にしながら、これほど力強くも軽快なドラマが織り成されていくとは想像もしなかった。その演出手腕もさることながら、キャストやスタッフが細部に至るまで絶妙な感性を注ぎ込み、まるでNASAのロケット開発のようなダイナミズムでこのヒューマンドラマを空高く打ち上げている点を評価したい。ヒロイン3人の人生を一直線に歩み続ける力強さ、ケビン・コスナーが魅せる卓越した存在感、ファレルが織り成す極上のメロディにも心を奪われっぱなし。今年の作品賞を始めとするオスカー候補入りした実績も十二分に納得だ。

ちなみに主人公3人は実在の人物ではあるが、活躍した時代はバラバラ。それに施設内には60年代の時点で人種差別的な要素は撤廃され、人種間を超えて宇宙開発を目指そうとする気風がみなぎっていたという。原作本では3人のその後の人生などにも言及しているので、興味ある方は紐解いてみてほしい。

ぐうたら
ぐうたらさん / 2017年9月30日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 興奮 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 11 件)

3人の女優たちが常に凜としている!!

アメリカがソ連に対抗して推し進める宇宙進出プロジェクト"マーキュリー計画"を影で支えた黒人女性スタッフたちの足跡は、まさに映画の原題「Hidden Figures(=隠された人物)」と題するに相応しい。人種によって使うトイレの場所も違っていた1960年代のNASAで、彼女たちが人種的、また身体的に窮屈な思いをしながら、生来の数学脳を国家的プロジェクトのために捧げる姿は、時代を経た今だからこそ、公に開示する意味があったと思う。なぜ今か?国家がずたずたに引き裂かれようとするアメリカの人々に、まだ、1つの目的に向けてぎりぎりで結束できた時代の興奮を届ける意味は大きかったはずだから。この映画が成功したのは、隠れた人々を演じる3人の女優が、その姿が、常に凜として前を見据えているせいもある。時々ユーモラスですらある彼女たちの表情に、苦難を乗り越えてきた挙げ句に辿り着いた人間としての余裕が感じられるのは、ハリウッド映画の成長の証でもあると実感した。「ムーンライト」も同じく、人種問題に対するアプローチが時代に呼応して徐々に変わりつつある。

MP
MPさん / 2017年9月30日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 笑える
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

ぜひ「ライトスタッフ」とセットで。

アメリカがソ連が有人宇宙飛行を競ったマーキュリー計画の裏話。あくまでもマーキュリー計画を表とすれば、の話ですが。

「オデッセイ」でも似たことを感じたのだが、“宇宙”が世界の人々の夢や希望であった時代が確かにあって、そこに向けて世界の叡智が結集されていた。本作では人種差別や女性差別、冷戦といった要素が加わっているが、観ている側も想いを託せる物語だと思う。そういう世界共通の夢がすっかり失われてしまった昨今だからこそ、苦境に立ち向かうヒロインたちの姿に眩しさと羨ましさを感じながら観た。

いささか物足りなかったのはCGが多用されているでロケット発射周りの映像だが、これはマーキュリー計画映画の正編と呼ぶべき「ライトスタッフ」が補完してくれる。大きなひとつの物語としては「ライトスタッフ」「ドリーム」「フロム・ジ・アース」で一つのシリーズと考えていいので、一気見するのも楽しそうである。

バッハ。
バッハ。さん / 2017年9月28日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 興奮 知的
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 4 件)

差別の中で生き抜いた人たち

黒人として差別を受けながら一生懸命生き抜いた女性たちの話。
素晴らしい話でした。

ajun
ajunさん / 2017年11月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

白人目線

ヒロイン3人は確かに素晴らしい。
差別にも負けず、輝かしい功績を成し遂げた。
その姿には、時に心に熱いものがこみ上げる。

だが、この類の映画にありがちな白人目線を感じざるを得ない。
3人よりも群を抜いてかっこよかったのは、ケビン・コスナーだった。
黒人が偉業を成し遂げた陰には、必ず白人がいる。
それはそうなのかもしれないが、それが強く出すぎれば鼻白む。

ハッピーエンドで良かった。
心がほっこりした。
しかし、期待したほどの爽快感はなかった。

みみず
みみずさん / 2017年11月20日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 単純 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

事実に基づいたストーリー

とても爽やかな映画でした。ありがちなサクセスストーリーではあるけれども、それぞれの人間味が丁寧に描かれていて、良き作品でした。

みな
みなさん / 2017年11月20日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

評価高いだけのことはある

見るべき。ハッピーエンドすぎだけども。

バナナ牛乳( ^ω^ )
バナナ牛乳( ^ω^ )さん / 2017年11月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ほんの少し前までの、異常な日常

差別が差別でない時代

期待しすぎた…かな?
時代背景を知るには良い映画。黒人への差別(当時は区別?)が自然に行われており、それが悪とされていない時代。白人は自分の偏見に気付いていないし、黒人も一枚岩ではない時代。主人公達は天才かもしれないが、それ以上に自分達の居場所を見出そうとする努力家であり、その信念が実を結んだのだろう。

カタルシスをあまり感じなかった。もっとスカッとする感じで見返すのかと思っていたが…(差別は依然残っており、むしろ事実に近いのかもしれないけど)あと私には情緒的すぎた。そこが良い、という方がほとんどだろうけれど、もっとロジカルな物を想像していたから。

awahira
awahiraさん / 2017年11月18日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

心温まるヒューマンストーリー

良質な映画に出会いました。
ケビンコスナーを久し振りにスクリーンで見ましたが流石でしたね〜。アメリカに根強くある人権問題を題材に、世界一の頭脳集団NASAで繰り広げられるヒューマンストーリー。泣かずにはいられませんでした。欲を言うなら最後に報告書を出して「計算係の名前がないじゃないか。やり直しだ」と言って突き返す演出があったらもうひと泣きできました笑

映画とワイン
映画とワインさん / 2017年11月17日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 笑える 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

よかった

人種差別もなくなり、計算ができて宇宙飛行士は無事に地球へ帰りついたし、なんというか、科学や数学の勝利って感じの話という点でよかった。

CB
CBさん / 2017年11月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

胸熱☆womanサクセスストーリー

都内での上映は今日で終了。
やっと観に行くことができました。
色んな映画サイトで高評価の本作。
スクリーンで鑑賞できて本当に良かった〜
観なかったら後悔していた。

1962年
アメリカで初めて地球周回軌道を飛行した宇宙飛行士ジョン・グレン。
その功績を影で支えたNASAの3人の黒人系女性の物語。
ただただ感激しました。

キャサリン・ジョンソン。
ドロシー・ボーン。
メアリー・ジャクソン。
ソ連とアメリカの宇宙開発競争が繰り広げられていた時代のNASA研究所。

人種差別が激しかった当時のアメリカ。
天才的な数学の才能をもつキャサリン。
彼女の宇宙特別研究本部計算係に抜てきにワクワクする私でした。
でも、オフィス環境は心地よいものではなかった。
黒人であるというだけ労働環境が悪くて、なんて理不尽なのだろう!
と怒りを覚える。
それでも3人はひたむきに夢を追い続け、やがてNASAの歴史的な偉業に携わることとなる。

彼女たちは天才だから?
いやいや自分たちの持って生まれた才能をフル活用して努力したから。

痛快だったのは、上司役のケビン・コスナーがハンマーでぶっ壊すところ。
そうだね。
人類の夢を実現するためには、差別している場合じゃない。
才能と才能が協力しないと新しいことは生まれない。

女だとか…若くないとか…つべこべ言い訳している場合じゃないな。
それに、偉業を成し遂げるために家庭や恋を犠牲になんてすることもない。
周りの人たちを信じてバックアップしてもらうこと。
3人の姿から様々なことを学ばせてもらいました。

夢に向かってガンバる貴女は最高にカッコいいー‼︎
胸熱womanサクセスストーリー。
パワーもらいましたーー⤴︎⤴︎⤴︎

あらりん
あらりんさん / 2017年11月16日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 興奮 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

800メートル先の【異国】 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

以前からずっと観たかった映画。
なのに近くで上映してない。

高評価のレビューも相まって
期待しまくりで観に行った結果。

私史上、もっとも「ライト」な
人種差別をテーマにした映画だった。

想像絶する当時の人種差別に
明るく、軽く、あくまで
ライト【light】に
立ち向かう主人公3人。

その先で彼女達が手に入れたのは
NASAの誰もが認めた
ライト【right】スタッフの称号。

物語序盤。
毎日800メートル先の
有色人種専用のトイレへ
ダッシュするキャサリン。

それが物語後半。
ケピンコスナー本部長の
「キャサリンを探せ!」の号令で
800メートル先の「異国」まで
ダッシュで探しに来る白人男性。

最後は
自らが先頭に立ち
まるで導くかのように白人を従え
本部長のもとへ再びダッシュする
キャサリン。

孤独だった黒人のダッシュが
いつしか白人のダッシュを呼び
最後は黒人と白人のダッシュに変わる。

どんな御涙頂戴のシーンよりも
素晴らしいシーンだった。
加えて、これ以上ないくらい
この映画を象徴しているシーンだった。

だいきつ
だいきつさん / 2017年11月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

なんでこんな良い映画をこれしかやらないんだ!

間違いなく今年一番観てよかった映画
公開劇場も少ないし、タイムテーブルも少ないから満席続きで危うく見逃すところだった

天才も才能を見出す人がいて、そして自らの努力と道を切り開く行動力がないと埋もれてしまう
運も必要だ

ダサい邦題は何とかして欲しかったが、それはもう変えられない
しかし上映期間は変えられるだろう?

こんな良い映画を埋もれさせるのはもったいない

moto
motoさん / 2017年11月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  楽しい 興奮 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

強い女性たち

理不尽な壁や差別に屈することなく夢を追い求める強い女性たちの姿が素晴らしく作品に引き込まれた。ただ心を打つような印象的なシーンや感動は無く途中は少し眠気に襲われた。
2017-156

隣組
隣組さん / 2017年11月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

既成概念にとらわれず 創造し諦めず努力する 自分の才能、長所を信じ...

既成概念にとらわれず
創造し諦めず努力する
自分の才能、長所を信じる
どんな弊害があろうとも

papakazu
papakazuさん / 2017年11月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

素敵!

観た後に清々しさを感じた。
と共に頑張れ!って思ったり
その気持ちは、鬱蒼としていた自分の心を晴れやかに
してくれた。
音楽も良かったなぁ〜
こういう凛とした女性でありたいと感じた。

🖇crazy5🖇📎
🖇crazy5🖇📎さん / 2017年11月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

差別と戦う系映画

NASAで働く黒人の女性数学者達の映画。

主演の黒人女性3人が良くも悪くも強すぎる。弱さを殆ど感じさせないのでリアルリティに欠ける。そこが爽快で気持ち良いのかもしれないが洋画っぽさを感じさせられた。振れ幅が小さく、人間味が薄く感じた。
映画を観る前にポスターや公式サイトの情報で想像した通りの映画だった。テンションや雰囲気、展開までもが予想通りで、もっと期待を裏切った演出も観たかった。
映像はムーンライトに近いものでボケが物凄く、映したいものをハッキリとさせていた。味がないようで私はあまり好まなかったが、分かりやすかった。ピントが合ってないカットが何個か観られたのが少し残念。
音響は音量の幅が広く、音楽をかけるだけでも少しずつ音量が違っていたのが印象的。細かくシーンを理解し、魅せる努力をしていることが感じられた。

第89回 アカデミー賞で作品賞を受賞した"ムーンライト"を鑑賞した時も同じようなことを思ったが、黒人差別や性的差別、女性差別など、様々な差別があるが自分がその差別に遭ったことがないので、どうしても当事者の気持ちになること、思うことができない。辛い、悲しい、苦しいというのは分かるが、完璧に理解することが出来ないのが惜しい。

差別を題材にする映画は昔からあるのだろうが、差別の本質を理解して作っているかどうかはわからないし、今回の作品だって黒人が監督という訳でもないので、遣る瀬無い気持ちになる。
差別と戦う人を映す映画を作るなら、実際にその差別に遭った人々に話を聞き、できるだけ当事者に近い処まで行かなければ、当事者や差別を受けている全ての人に失礼だと思う。
少し言い過ぎた部分もあったが、今の私にはそう思える。合っていなくても、間違っていないと思う。
差別ものというジャンルが出来つつある気がするが、決して軽くするのでは無く、本質も魅せることが大事だと思う。ドリームではそういう面もみられたので良かったと思う。

114645
114645さん / 2017年11月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

すばらしい3人の女性!

アメリカで黒人差別があったことは知っていましたが、世界に名だたるNASAでもこんな理不尽な差別があったとは知りませんでした。しかし、主役の3人の女性たちが、逆境にも負けず、しっかりと声を上げ、自分の夢に向かって力強く歩んで行く姿は痛快でした。実話をもとにしているということですが、なかなか真似のできる生き方ではありません。本当に尊敬します。

劇中、プロジェクトリーダーの「一丸とならなければ成功は得られない」という言葉が印象的でした。責任ある立場の人間がこう言わねばならぬほど、国家プロジェクトにおいてもはびこる差別や偏見の根は本当に根深かったのだと思います。しかしこれは、現代でも、日本でも、自分の身の回りでも、同様だと思いました。そう思ったのは、自分の中にも似たような感情があるからかもしれません。「偏見はない」と言う上司に対して、「わかってます、あなたに自覚がないことは」とドロシーが返した言葉が胸に突き刺さります。

おじゃる
おじゃるさん / 2017年11月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

正しいことは正しい。

今年一番の映画!三人が前向きにそれぞれの逆境を乗り越えていく毎に拍手したくなった!挫けずに正しいことをやっていれば、壁になる人も味方につけることが出来る。最後はお願いされる立場にもなれるのだ。勇気が湧いた。明日からも仕事頑張ろう!
今でさえ、性差や年齢差で評価に見合った仕事に恵まれないことはあるが、この頃は、coloredが、しかも女性が、白人と同じ、であったり、まして成功することは許されない、のが普通、の価値観の中で、実際は耐えられない屈辱を受けたのだと想像する。図書館で本を借りることもできなかった帰りのバスで、ドロシーが息子に言い聞かせてたメッセージが全てを語っていたと思う。数式も正しい答えは1つ。計算係の女性は日々そんな思いで働いていたのかもしれない。
ドリーム、という邦題は、キング牧師の言葉からだとおもうが、ドリームガールズみたいだし、原題: Hidden Figures はすごい含蓄があるので、そこもうちょっと考えた邦題がよかったかと。NASAの成功の一番の要に"隠されていた"天才黒人"女性の姿"、今まで"気付かれもしなかった"不平等な前例を変えさせた勇気、最先端IBMの電算機能も最後は人が"数式"を解いて確認する。そう捉えると、あらゆる人の力は偉大である。

Kazue
Kazueさん / 2017年11月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

229件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi