全米映画ランキング : 2017年2月10日~2017年2月12日

ホーム > 映画ランキング > 全米映画ランキング : 2017年2月10日~2017年2月12日
メニュー

全米映画ランキング

2017年2月13日更新 藤井竜太朗

全米映画ランキング:2017年2月13日発表(毎週月曜日更新)

全米週末興行成績:2017年2月10日~2017年2月12日
(金額・順位は確定後のもの)Rentrak Box Office Essentials

順位 先週 タイトル/邦題 配給
(日本配給)
上映週 週末の興収
(単位:$)
累計興収
(単位:$)
第1位 レゴバットマン ザ・ムービー The LEGO Batman Movie
「レゴバットマン ザ・ムービー」
Warner Bros.
(ワーナー・ブラザース映画)
1 53,003,468 53,003,468
第2位 フィフティ・シェイズ・ダーカー Fifty Shades Darker
「フィフティ・シェイズ・ダーカー」
Universal
(東宝東和)
1 46,607,250 46,607,250
第3位 ジョン・ウィック チャプター2 John Wick: Chapter 2
「ジョン・ウィック チャプター2」
Summit Entertainment
(ポニーキャニオン)
1 30,436,123 30,436,123
4 1 スプリット Split
「スプリット」
Universal
(東宝東和)
4 9,525,935 112,498,205
5 4 ドリーム Hidden Figures
「ドリーム」
20th Century Fox
(20世紀フォックス映画)
8 8,002,670 131,454,920
6 3 僕のワンダフル・ライフ A Dog's Purpose
「僕のワンダフル・ライフ」
Universal
(東宝東和)
3 7,271,430 42,501,105
7 2 ザ・リング リバース Rings
「ザ・リング リバース」
Paramount
(KADOKAWA)
2 5,649,575 21,321,861
8 5 ラ・ラ・ランド La La Land
「ラ・ラ・ランド」
Lionsgate
(ギャガ、ポニーキャニオン)
10 4,943,811 125,954,156
9 10 LION ライオン 25年目のただいま Lion
「LION ライオン 25年目のただいま」
The Weinstein Company
(ギャガ)
12 3,950,610 30,236,332
10 7 SING シング Sing
「SING シング」
Universal
(東宝東和)
8 1,703,625 265,408,620

■「レゴバットマン ザ・ムービー」がV 「ジョン・ウィック」続編は3位デビュー

プレジデンツ・デイの連休を翌週に控え、シリーズ物の続編3本がリリースされた先週末の全米ボックスオフィス。3本の新作が上位を独占し、首位に立ったのは約5300万ドルのオープニング興収をあげた「レゴバットマン ザ・ムービー」だった。

同作は、レゴブロックで構築された世界を舞台にしたアニメ「LEGO(R) ムービー」の続編。前作は建築作業員のエメットが主人公だったが、今作は前作にも登場したバットマンが相棒のロビンとともに悪に立ち向かう。レビューは上々だったが、OP興収は前作の約8700万ドルに遠く及ばなかった。声の出演はウィル・アーネット、レイフ・ファインズ、ザック・ガリフィアナキス、マイケル・セラ、ロザリオ・ドーソン。監督は「LEGO(R) ムービー」で編集などを手がけたクリス・マッケイ。

約4600万ドルのOP興収で2位デビューとなったのは、E・L・ジェームズによるイギリスの官能小説を映画化した「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」の続編「Fifty Shades Darker」。2年前の同時期に公開された前作は約8500万ドルのOP興収をあげたが、今作は約半分にとどまった。レビューは前作以上に厳しく、前作の最終興収約1億6600万ドルを上回ることはなさそうだ。主演2人は前作同様ダコタ・ジョンソンとジェイミー・ドーナン。サム・テイラー=ジョンソンに代わってメガホンをとったのは「摩天楼を夢みて」「NYPD15分署」やTVシリーズ「ハウス・オブ・カード 野望の階段」などの演出を手がけるベテランのジェームズ・フォーリー。来年公開予定の第3作「Fifty Shades Freed」もフォーリーが手がける予定。

そして約3000万ドルのOP興収で3位デビューとなったのは、キアヌ・リーブスの新たなフランチャイズ「ジョン・ウィック」シリーズの第2弾「ジョン・ウィック チャプター2(仮題)」。前作で妻の復讐を遂げた伝説の殺し屋の新たな戦いが描かれる。この手の映画では珍しく、レビューは上々。OP興収も前作の約1440万ドルから倍増した。キアヌとの共演は「マトリックス」シリーズ以来となるローレンス・フィッシュバーンに、前作にも登場したジョン・レグイザモ、イアン・マクシェーン、ブリジット・モイナハンらが共演。前作に引き続きスタント出身のチャド・スタエルスキがメガホンをとった。

3週連続の首位からついに陥落したシャマラン監督の「スプリット」は、約930万ドルの興収で4位となった。

プレジデンツ・デイの連休を迎える今週末は、マット・デイモン主演、チャン・イーモウ監督のコンビで世界最大の建造物「万里の長城」にまつわる伝説を描くアクション・ファンタジー大作「グレート・ウォール」に、アイス・キューブ、チャーリー・デイ共演のコメディ「Fist Fight」などが公開となる。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す
Jobnavi