死体役ならこれを見ろ?「スイス・アーミー・マン」監督コンビ、ラドクリフに名作アニメを推薦 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年9月20日 > 死体役ならこれを見ろ?「スイス・アーミー・マン」監督コンビ、ラドクリフに名作アニメを推薦
メニュー

死体役ならこれを見ろ?「スイス・アーミー・マン」監督コンビ、ラドクリフに名作アニメを推薦

2017年9月20日 14:00

ダニエル・クワン(左)と ダニエル・シャイナート「スイス・アーミー・マン」

ダニエル・クワン(左)と
ダニエル・シャイナート
(C)2016 Ironworks Productions, LLC.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ハリー・ポッター」シリーズのダニエル・ラドクリフが死体を演じ、「オクジャ okja」「プリズナーズ」で知られるポール・ダノと共演した映画「スイス・アーミー・マン」を手がけたダニエル・クワンダニエル・シャイナートの監督コンビ(通称:ダニエルズ)が、映画.comの質問に答えた。

無人島でひとりぼっちだった青年が、死体と共に故郷への帰還を目指すサバイバルアドベンチャー。孤独に耐え切れなくなり命を絶とうとしたハンク(ダノ)は、浜辺に打ち上げられた男性メニー(ラドクリフ)の死体を発見する。死体に浮力と推進力があることが判明すると、ハンクは死体にまたがり、島からの脱出を試みる。第49回シッチェス・カタロニア国際映画祭では、作品賞と主演男優賞に輝いた。

本作の最も大きな特徴は、何といってもタイトルにもなっている“便利死体”だろう。ナイフ、缶切り、栓抜きなど多数の機能を備えた「スイス・アーミーナイフ」のごとく、数多くの用途を持った死体という意味だが、その発想はどこから生まれたのか。クワンは「中学生くらいのころに事実として知ったのは、人は死ぬときに、うんちを漏らし、オナラをしながら死ぬということ。『最悪!』と思いながらも、どこか笑っちゃったんだよね。それを美しく、逆にキャラクターたちが勝利するような物語にできないかという風に思ったんだ。そこからオナラをする死体のアイデアが出てきて、どこか荘厳な話にしていけたら面白いんじゃないかと考えたんだ」と本作が長年温め続けてきたアイデアを形にしたものであり、自分たち自身をも投影したと語る。

映画史上誰も見たことのないような奇抜な死体に命を吹き込んだのは、誰もが知る人気実力派のラドクリフ。「ハリー・ポッター」以降、個性的な役柄に次々とチャレンジしてきたが、本作で演じたメニーのインパクトは群を抜く。シャイナートは「役柄として、肉体的な部分も必要になってくるけど、ダニエルはそういう部分を持っていたし、曲を歌える人でなくてはならなかった」と明かす。クワンによれば、「メニーの片目のまぶたが重そうな表情はラドクリフのアイデアだよ。『ハリー・ポッター』で顔が知られているからこそ、そうじゃない顔に見えたら面白いんじゃないかと彼から提案してくれたんだ」とラドクリフの意見を積極的に取り入れていったという。

逆に2人からは、独創的な死体を生み出すべく「小さな選択が、大きな効果として観客に受け止められるんじゃないかということを、最初の方によく話していてね。例えば、座り方1つによって色々感じさせることができる。観客がほれ込んでくれるような、メニーが話し出す前から思い入れてくれるような見え方を模索して、演技に反映してもらった」(シャイナート)となかなかに高いハードルを設けたそうだ。参考資料としては、「スパイク・ジョーンズ監督がIKEAのために手がけた“Lamp”というコマーシャルや、『バンビ』の氷の上で一生懸命立とうとしているシーン、『メン・イン・ブラック』のゴキブリ男の演技(ビンセント・ドノフリオ)がすごいと思ったから見てもらったよ」(シャイナート)と語る。

ダノに関しても「撮影の1年ほど前から関わってくれていたんだ。何稿も脚本を読んで、コメントを寄せてくれていて、そのおかげで物語内のプロットが変わったりもしたよ。特に(劇中に登場する女性)サラとの関係性だね。そこにはポールの意見が多く取り入れられて、最初とは変わっていったところの1つだ」(シャイナート)と意見交換を密に行い、作り上げていったようだ。

映画ファンにおいては、「ムーンライト」「ルーム」「エクス・マキナ」「ロブスター」「ウィッチ」といったエッジの効いた作品を手がけてきた気鋭の配給会社A24が配給を務めているのもうれしいところ。ダニエルズの2人にA24の魅力を聞くと、「A24は僕らのことをすごく応援してくれたし、彼らのおかげで映画のレベルが上がったと思う。気持ちの上でも、笑いの面でも、より多くの人に届けられる作品になったよ」(シャイナート)、「他の配給会社では、この独特のユーモアとか、設定のせいで怖がられたこともあった。でも、彼らはすごく面白がってくれて、『これをうち(A24)で扱わなかったら、窓から飛び降りてやる!』なんて言ってくれた人もいたよ。『これはA24作品だ』と言い切ってくれて、絶対に権利を買いたいと言ってくれた。これだけ作品のことを理解してくれる彼らと一緒にやりたいと思ったんだ」とよきパートナーとして、蜜月の関係を築いたようだ。

スイス・アーミー・マン」は、9月22日から全国公開。

(映画.com速報)
ロブスター[Blu-ray/ブルーレイ] ロブスター[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,044 アカデミー外国語映画賞ノミネート作「籠の中の乙女」で注目を集めたギリシャのヨルゴス・ランティモス監督が、コリン・ファレル、レイチェル・ワイズら豪華キャストを迎えて手がけた、自身初の英語作品。
ウィッチ[Blu-ray/ブルーレイ] ウィッチ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,853 「魔女」をテーマに、赤子をさらわれた家族が次第に狂気の淵へと転落していく姿を描き、第31回サンダンス映画祭で監督賞に輝いたファンタジーホラー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi