ウィッチ
ホーム > 作品情報 > 映画「ウィッチ」
メニュー

ウィッチ

劇場公開日

解説

「魔女」をテーマに、赤子をさらわれた家族が次第に狂気の淵へと転落していく姿を描き、第31回サンダンス映画祭で監督賞に輝いたファンタジーホラー。1630年、ニューイングランド。ウィリアムとキャサリンの夫婦は、敬けんなキリスト教生活を送るために5人の子どもたちと森の近くにある荒地へとやって来た。しかし、赤ん坊のサムが何者かに連れ去られ、行方不明となってしまう。家族が悲しみに沈む中、父ウィリアムは、娘のトマシンが魔女ではないかとの疑いを抱き、疑心暗鬼となった家族は、狂気の淵へと転がり落ちていく。第70回英国アカデミー賞で新人賞にあたるライジングスター賞にノミネートされ、M・ナイト・シャマランの「スプリット」でもヒロインを務めたアニヤ・テイラー=ジョイが、家族から魔女と疑われるトマシン役を演じた。監督はホラー映画の古典的名作「吸血鬼ノスフェラトゥ」(1922)のリメイク版監督に抜てきされ、本作が初メガホンとなるロバート・エガース。

作品データ

原題 The Witch
製作年 2015年
製作国 アメリカ
配給 インターフィルム
上映時間 93分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

17世紀の魔女伝説をプリミティブかつ荘厳に映像化した美少女の受難劇
ウィッチの映画評論・批評

サンダンス映画祭で監督賞、インディペンデント・スピリット賞で新人作品賞と新人脚本賞を受賞。それ以外にも欧米で幾多の賞に輝いたロバート・エガース監督のデビュー作は、17世紀の米国ニューイングランドにおける言語や風俗を再現した魔女ホラーだ...ウィッチの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.4 3.4 (全26件)
  • かつて明確に語られることが少なかった"魔女の作られ方" 16世紀のアメリカ東海岸に入植した敬虔なキリスト教信者一家の自給自足生活を活写するために、色彩を落とし、縦横が近い独特のアスペクト比を用いたビジュアルが、まず、強烈。視覚ばかりではない。子供の失... ...続きを読む

    MP MPさん  2017年7月28日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 魔女? 結局よくわからない感じ。疑心暗鬼からの幻想を魔女と表現かな。 ...続きを読む

    ともや ともやさん  2017年8月17日  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • 見せ方はうまい ネタバレ! 恐怖映画はやっぱりはっきり見せないのが視覚的にいいね。不気味さが伝わってきた。魔女の存在を明確にするかどうかは難しいね。夢か現実かという展開が緊張感や恐怖を生むから、ラストのオチは微妙。 ...続きを読む

    ドラゴンミズホ ドラゴンミズホさん  2017年8月14日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「ウィッチ」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi