スイス・アーミー・マン
ホーム > 作品情報 > 映画「スイス・アーミー・マン」
メニュー

スイス・アーミー・マン

劇場公開日

解説

「ハリー・ポッター」シリーズのダニエル・ラドクリフが死体役を演じ、「リトル・ミス・サンシャイン」「ラブ&マーシー 終わらないメロディー」などで知られるポール・ダノ扮する青年が、死体を使って無人島からの脱出を試みる様を描いた異色のサバイバル劇。遭難して無人島に漂着した青年ハンクは、絶望して命を断とうとしたとき、波打ち際に男の死体が打ち上げられているのを発見する。死体からはガスが出ており、浮力があることに気付いたハンクは意を決し、死体にまたがり無人島脱出を試みるが……。CMディレクター出身の監督コンビ、ダニエル・クワン&ダニエル・シャイナート(通称:ダニエルズ)の初長編作で、サンダンス映画祭やシッチェス・カタロニア国際映画祭で受賞を重ねて話題を集めた。共演に「10 クローバーフィールド・レーン」のメアリー・エリザベス・ウィンステッド。

作品データ

原題 Swiss Army Man
製作年 2016年
製作国 アメリカ
配給 ポニーキャニオン
上映時間 97分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

特集

「ずっと、ずっと一緒── 一生の友達、やっとみつけた」みんなお待たせ! 映画ファンのための「あの映画」がついに日本公開!“万能死体”と遭難した青年の友情が《未体験の感動》を紡ぎ出す
ラドクリフ扮する「死体」にまたがって海上を疾走!? インパクト絶大!

「ハリー・ポッター」シリーズのダニエル・ラドクリフが「死体」に扮し、「リトル・ミス・サンシャイン」のポール・ダノ演じる遭難した青年とサバイバルを繰り広げる奇想天外な青春アドベンチャー「スイス・アーミー・マン」が、9月22日より全国公開...特集

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

オナラで海を渡る。珍作だが、優しくて温かいハンドメイドの魅力に満ちている
スイス・アーミー・マンの映画評論・批評

無人島で絶望していた男がオナラをこきまくる死体を発見、その死体に乗ってオナラパワーで意気揚々と海を渡る映画である――。バカげて聞こえても本当なのだからしょうがない。「スイス・アーミー・マン」は、死体と二人三脚でサバイバル生活に挑むファ...スイス・アーミー・マンの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.5 3.5 (全51件)
  • くだらないのに大まじめ。狂っているのに普遍的 突出した独創性。異能の超大型新人監督の出現に遭遇した気分だ。 浜に打ち上げられた溺死体から出る屁(より正確には腐敗ガスだろう)が推進力になって水上バイクみたいになる。何ともくだらないオープニング... ...続きを読む

    AuVis AuVisさん  2017年9月29日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • 心にいつも、一体の万能死体を ネタバレ! 本作は問いかける。人生とは、無人島で絶望しながら死を待つようなものなのか?と。この実験劇場に身を置く主人公が半ば諦めを持って死を決断したところ、思いがけず浜辺に打ち寄せられた身体を発見。この“死... ...続きを読む

    ぐうたら ぐうたらさん  2017年9月25日  評価:3.5
    このレビューに共感した/5
  • 恐ろしいくらいに主張が… ただただ笑う映画だけでしかない。 作中で語られる意味深な主張などは全くといっていいほどに頭の中に入ってこない。主張が皆無だとは思わないし、実際、何だか含みを持たせた人生観みないなものも語られてい... ...続きを読む

    SH SHさん  2017年10月19日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「スイス・アーミー・マン」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi