スイス・アーミー・マン : 映画評論・批評

スイス・アーミー・マン

劇場公開日 2017年9月22日
2017年9月19日更新 2017年9月22日よりTOHOシネマズシャンテほかにてロードショー

オナラで海を渡る。珍作だが、優しくて温かいハンドメイドの魅力に満ちている

無人島で絶望していた男がオナラをこきまくる死体を発見、その死体に乗ってオナラパワーで意気揚々と海を渡る映画である――。

バカげて聞こえても本当なのだからしょうがない。「スイス・アーミー・マン」は、死体と二人三脚でサバイバル生活に挑むファンタジックコメディ。漂流した主人公ハンクを演じたのはポール・ダノ。“メニー”と名付けられる死体役に「ハリー・ポッター」のダニエル・ラドクリフ。生者と死者という混じり合うはずのない2人が、奇妙な友情をはぐくむヒューマドラマでもある。

監督を務めたのは本作が長編デビューとなる気鋭コンビ“ダニエルズ”(どっちもファーストネームがダニエルなので“ダニエルズ”と呼ばれている)。ミュージックビデオ界で脚光を浴びた大注目の才能で、彼らの特徴をひとことで表すと“ハンドメイドの魅力”ということになる。

画像1

“ダニエルズ”のふたりがこだわっているのは、奇想天外なビジュアルを可能な限り人力で実現させること。もちろんコンピューター上で合成したりはするのだが、極力CGで描き足したりはせず、どんな素材もロケ先で実写で撮影しようとする。例えばポール・ダノダニエル・ラドクリフの死体に乗って海を渡るシーンで、波をかき分けて進む死体はダミーでもCGでもなく、本当にダニエル・ラドクリフがやっているのだ。

一難去ってまた一難。陸地にたどり着いたハンクは深い森に迷い込み、“メニー”を背負って人里を目指す。なぜわざわざ死体を連れて行くのかというと、オナラで海を越えられただけでなく、この死体がことあるごとに役に立ち、窮地を救ってくれるから。まるで十徳ナイフ(スイス・アーミー・ナイフ)みたいに便利な死体=スイス・アーミー・マンというわけだ。

“メニー”は便利どころか、死体なのに途中から喋り出して、話し相手にもなってくれる。「そんなことあるわけない!」という真っ当な意見はどうか捨ててしまって欲しい。そもそもオナラで海を渡る映画なのだから。

しかもオナラで始まりオナラで終わる映画なのに、映像はとことん美しく、ハンクとメニーが“人生の喜び”を取り戻していく姿は感動的ですらある。そしてどんな無茶なことをやらかしても、“ダニエルズ”特有のハンドメイドの手触りのおかげでふかふかの毛布のように優しくて温かい。強烈にヘンな珍作だが、創意工夫に満ちたビジュアルと、ぬくもりと切なさと希望をたっぷり味わって欲しい。

村山章

関連コンテンツ

特集

「ずっと、ずっと一緒── 一生の友達、やっとみつけた」みんなお待たせ! 映画ファンのための「あの映画」がついに日本公開!“万能死体”と遭難した青年の友情が《未体験の感動》を紡ぎ出す
特集

「ハリー・ポッター」シリーズのダニエル・ラドクリフが「死体」に扮し、「リトル・ミス・サンシャイン」のポール・ダノ演じる遭難した青年とサバイバルを繰り広げる奇想天外な青春アドベンチャー「スイス・アーミー・マン」が、9月22日より全国公開...特集

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

【おトク値!】プリズナーズ[Blu-ray/ブルーレイ] 戦争と平和 DVD BOX[DVD] プリズナーズ[Blu-ray/ブルーレイ] プリズナーズ[DVD]
【おトク値!】プリズナーズ[Blu-ray/ブルーレイ] 戦争と平和 DVD BOX[DVD] プリズナーズ[Blu-ray/ブルーレイ] プリズナーズ[DVD]
発売日:2016年9月21日 最安価格: ¥2,118 発売日:2017年3月2日 最安価格: ¥11,794 発売日:2014年10月2日 最安価格: ¥3,959 発売日:2014年10月2日 最安価格: ¥3,201
Powered by 価格.com

映画レビュー

平均評価
3.5 3.5 (全66件)
  • 屁。 生活を捨て、冒険をせよ と、どっかの偉人が言ったような名言じみた言葉が浮かんだ。 劇中には全く関係ないが。帰りの車の中でふと思った。 もし。今の生活を捨てて冒険的なことができるだろうかと。 色... ...続きを読む

    スパイク スパイクさん  2017年11月23日 00:33  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 奇想天外 奇想天外な内容が印象的で二人の絆も良かった。一般的に敬遠されがちな死体とオナラを結び付ける発想が素晴らしい。笑いや感動は無かった。 2017-161 ...続きを読む

    隣組 隣組さん  2017年11月22日 23:25  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 苦笑 ものすごいシュールな映画。最初の死体ライドシーンの出オチの映画だと思ったけど、よくここまでストーリーにしましたね。全編シュールなシーン満載で笑えました。ラドクリフさんは、死体役はハマり役(笑)そ... ...続きを読む

    mz mzさん  2017年11月19日 17:35  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

  • ジャスティス・リーグ ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなた 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督) 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi