上川隆也&中村アン「ファインディング・ドリー」新キャラクターの吹き替えに : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年5月19日 > 上川隆也&中村アン「ファインディング・ドリー」新キャラクターの吹き替えに
メニュー

上川隆也&中村アン「ファインディング・ドリー」新キャラクターの吹き替えに

2016年5月19日 05:00

上川は謎めいたタコ、中村は泳ぎが苦手なジンベエザメ「ファインディング・ドリー」

上川は謎めいたタコ、中村は泳ぎが苦手なジンベエザメ
(C)2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の上川隆也とモデルでタレントの中村アンが、ディズニー/ピクサーの長編アニメーション「ファインディング・ドリー」で吹き替え声優を務めていることが明らかになった。上川は謎めいたタコのハンク、中村は泳ぎが苦手なジンベエザメ、デスティニーの吹き替えを担当する。

同作は、第76回アカデミー長編アニメーション賞を受賞した大ヒット作「ファインディング・ニモ」の続編。カクレクマノミのマーリン&ニモ親子の親友で、忘れん坊のナンヨウハギ、ドリーを主人公に、ドリーの家族をめぐる新たな冒険が描かれる。日本語吹き替え版では、木梨憲武がマーリン役、室井滋がドリー役を前作に続いて担当。上川と中村は、今作から登場する新キャラクターの声優を務める。

上川が担当するハンクは、脚が7本しかないタコで、ドリーの冒険に手を貸すが、その目的は謎に包まれているというミステリアスなキャラクター。ディズニーサイドは、二枚目の役からバラエティ番組出演まで幅広く活躍する上川が、変幻自在なハンクにぴったりという理由でオファー。上川は、初のディズニー作品の声優に「ただただ嬉しかったです」と喜んでいる。そして、アニメーションの吹き替え経験はあるが、今回は「しゃべっていても口が見えないので、そこが吹き替えの大きなハードルでした」と、タコ役ならではの難しさがあったことを明かしている。

一方、声優初挑戦の中村が担当するデスティニーは、ドリーの家族探しの鍵を握るジンベエザメの女の子。ドリーと同じくクジラ語を話すことができるが、サメなのに泳ぐのが苦手というキャラクターだ。明るく元気な姿が、男女から多くの支持を集める中村と重なることからオファーされ、ピクサーの映画は全て見ているという中村は「ピクサーの映画は大好きで全部見ているので、本当に感動しました!」と感激した様子。「クジラ語を話すシーンがとにかく難しかったです」と、特徴的な声を出すクジラ語のシーンに苦労したと話している。

ファインディング・ドリー」は7月16日から全国公開。

ファインディング・ニモ MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] ファインディング・ニモ MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,127 舞台はオーストラリアの大海原、グレート・バリアリーフ。度胸があることを証明しようと外に出てしまったため、人間にさらわれてしまった息子ニモ。彼を救い出すために父が仲間と共に旅をする様を描いた感動作。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi