水谷豊×反町隆史がスクリーンへ!「相棒 劇場版IV」&「相棒 season15」製作決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年5月19日 > 水谷豊×反町隆史がスクリーンへ!「相棒 劇場版IV」&「相棒 season15」製作決定
メニュー

水谷豊×反町隆史がスクリーンへ!「相棒 劇場版IV」&「相棒 season15」製作決定

2016年5月19日 05:00

水谷豊&反町隆史の「相棒」新シーズンと劇場版が決定「相棒 劇場版 絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン」

水谷豊&反町隆史の「相棒」新シーズンと劇場版が決定
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 水谷豊主演の人気シリーズ「相棒」の劇場版最新作「相棒 劇場版IV」とテレビドラマ新シーズン「相棒 Season15」の製作が決定した。「相棒 season15」が今年10月から2クール放送され、2017年に「相棒 劇場版IV」が公開される。

00年の誕生以来、10年以上にわたりファンの厚い支持を得ているドラマ「相棒」シリーズは、08年に「相棒 劇場版 絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン」として初めてスクリーンに進出。興行収入44.4億円の大ヒットを記録した。その後も、「相棒 劇場版II 警視庁占拠!特命係の一番長い夜」(10)、「相棒 劇場版III 巨大密室!特命係 絶海の孤島へ」(14)のほか、スピンオフ劇場版「相棒シリーズ」も2作が公開され、ドラマシリーズとともに人気を博している。

水谷は、新作劇場版について「こんなことが起きてしまうんだ……と、今あまり言えないのですが、これまで以上のものが、またお見せできると思います」と自信をのぞかせている。また、ドラマ「season15」についても、「15作も続けられる日が来るとは夢にも思っていなかったので、『15』という数字をみると不思議な気持ちです」と感慨深い様子を見せながら、「劇場版同様、毎シーズン『これ以上無い』と思う所までやっていながら、それを常に超えてきているという実感があります。シーズン15も今まで以上のシーズンになるだろうなと、経験上既に実感しています」と力強いコメントを寄せている。

水谷扮する杉下右京の相棒役は、寺脇康文及川光博成宮寛貴に続き、昨年の「season14」から反町隆史が4代目に就任。史上初の警察官ではない相棒・冠城亘を演じ、脳明晰なキャリア官僚らしさを出す一方で、コミカルな一面ものぞかせ、杉下との新鮮なコンビネーションを見せた。冠城が相棒になってから2シーズン目となる「season15」では、「season14」最終回で所属先の法務省を事実上クビにされた冠城が、正式に警視庁所属となって登場する。

反町は「前回よりも、役としては右京さんと、個人的にも水谷さんと、少しでも相棒になれるように経験値を踏んで、頑張りたいと思います」と、「season15」に向けて意気込み、初の「相棒」映画となる「劇場版IV」についても、「スタッフは『相棒』という作品をよく知っているので、劇場版の『相棒』として良いものを作っていけると実感しています。僕自身もそれに負けずに頑張っていきたいと思っています」と語っている。

相棒-劇場版III- 巨大密室!特命係 絶海の孤島へ<通常版>[Blu-ray/ブルーレイ] 相棒-劇場版III- 巨大密室!特命係 絶海の孤島へ<通常版>[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,030 水谷豊が贈る史上最高密度を誇る極上のミステリー作品。
相棒-劇場版II- 警視庁占拠!特命係の一番長い夜 <通常版>[Blu-ray/ブルーレイ] 相棒-劇場版II- 警視庁占拠!特命係の一番長い夜 <通常版>[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,959 劇場版だけでは完結できない、シーズン9へとつながる必見の重大事件!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi