「ファインディング・ドリー」人間の世界や新キャラクターが顔をのぞかせる最新予告 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年4月20日 > 「ファインディング・ドリー」人間の世界や新キャラクターが顔をのぞかせる最新予告
メニュー

「ファインディング・ドリー」人間の世界や新キャラクターが顔をのぞかせる最新予告

2016年4月20日 10:00

最新予告で登場する新キャラクター タコのハンク(上)とジンベエザメのデスティニー(下)「ファインディング・ドリー」

最新予告で登場する新キャラクター
タコのハンク(上)とジンベエザメのデスティニー(下)
(C)2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ディズニー/ピクサーによる人気アニメーション「ファインディング・ニモ」の13年ぶりとなる続編、「ファインディング・ドリー」の新たな予告編が完成した。個性的な新キャラクターや、人間の世界で繰り広げられる冒険の一端を垣間見ることができる。

カクレクマノミの親子マーリン&ニモの絆や冒険を描いた前作は、日本でも興行収入110億円の大ヒットを記録。続編となる今作は、マーリン&ニモ親子の親友でもあるナンヨウハギのドリーが、ある日突然、忘れていたはずの家族のことを思い出したことをきっかけに始まる、新たな冒険を描く。

予告編では、心配症のマーリンが冒険に反対するものの、ドリーの「家族に会いたい気持ち……わかる?」という言葉と、息子ニモの「今度はボクがドリーを助けるよ」という言葉に負け、新たな冒険の幕が上がる様子が描かれていく。


ドリーの家族を探す旅の行方は?「ファインディング・ドリー」

ドリーの家族を探す旅の行方は?
(C)2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
[拡大画像]

映像には、前作でも活躍した人気キャラクターのウミガメのクラッシュ親子など、おなじみのキャラクターも登場し、ニモたちが冒険の末にたどり着いた「人間の世界」で出会う、タコのハンクとジンベエザメのデスティニーという新キャラクターも姿を現す。敵か味方か、思わせぶりな言動を続けながら地上を縦横無尽に動き回るハンクや、大きな水槽と思われる場所で、愛らしい笑顔で陽気にドリーと会話するデスティニーといった個性豊かな新キャラクターが、ドリーとニモの冒険にどう関わってくるのかが注目される。

そして、映像の後半では「ドリーのパパとママが見つかったらお別れなの?」とつぶやくニモの姿も映し出される。ドリーの家族を一緒に探してあげたい気持ちと、ドリーとの別れを予感している寂しい気持ちが入り混じった、優しいニモの切ないセリフが涙を誘う。7月16日から全国公開。

ファインディング・ニモ MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] ファインディング・ニモ MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,127 舞台はオーストラリアの大海原、グレート・バリアリーフ。度胸があることを証明しようと外に出てしまったため、人間にさらわれてしまった息子ニモ。彼を救い出すために父が仲間と共に旅をする様を描いた感動作。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi