「ファインディング・ドリー」吹き替え予告で木梨憲武&室井滋コンビ13年ぶり復活! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年3月9日 > 「ファインディング・ドリー」吹き替え予告で木梨憲武&室井滋コンビ13年ぶり復活!
メニュー

「ファインディング・ドリー」吹き替え予告で木梨憲武&室井滋コンビ13年ぶり復活!

2016年3月9日 07:00

「ファインディング・ドリー」ポスター「ファインディング・ドリー」

「ファインディング・ドリー」ポスター
(C)2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 大ヒットアニメ「ファインディング・ニモ」の続編「ファインディング・ドリー」日本語吹き替え版の予告編が完成した。前作に続き木梨憲武(カクレクマノミのマーリン役)、室井滋(忘れんぼうのナンヨウハギ・ドリー役)が吹き替えを担当しており、13年ぶりに懐かしの名コンビを見ることができる。

ニモを助けようと人間の世界に飛びこんだ旅から1年後、マーリンとニモ親子はドリーの秘密をめぐり、再び大冒険に出る。予告編では、家族の記憶を思い出したドリーが、「ねえねえ! 私のパパとママってどこにいるんだろう!」と大はしゃぎ。一方で、「今すぐ会いに行かないと!」と真剣な表情で大海原をハイスピードで泳いでおり、陽気で憎めないいつもの姿とは違った一面に、ドリーの幼少期に隠された謎に興味がかきたてられる。

吹き替え版の収録に挑んだふたりは、「いつかいつかとこの日が来るのを待っておりました!」(木梨)、「今回は私が演じるドリーが主役なんですよ、夢みたいでしょう!」(室井)と大喜び。室井は「ニモとマーリンと一緒にさらにスケールアップした冒険をお届けいたします!」と意気込み、木梨も「パート3は『ファインディング・マーリン』かもしれません!」と期待に胸をふくらませている。

あわせて、前作でマーリンたちを助けたウミガメのクラッシュ親子をはじめ、新キャラクターのジンベイザメなど新旧の仲間が集合したポスタービジュアルもお披露目された。「ファインディング・ドリー」は、7月16日から全国で公開。

ファインディング・ニモ MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] ファインディング・ニモ MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,342 舞台はオーストラリアの大海原、グレート・バリアリーフ。度胸があることを証明しようと外に出てしまったため、人間にさらわれてしまった息子ニモ。彼を救い出すために父が仲間と共に旅をする様を描いた感動作。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi