「太陽」クランクイン直後の古川雄輝は何を語る?インタビュー映像公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年4月13日 > 「太陽」クランクイン直後の古川雄輝は何を語る?インタビュー映像公開
メニュー

「太陽」クランクイン直後の古川雄輝は何を語る?インタビュー映像公開

2016年4月13日 18:00

夜しか活動できない若者を演じた「太陽」

夜しか活動できない若者を演じた
(C)2015「太陽」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 劇作家・演出家の前川知大が主宰する「劇団イキウメ」の人気舞台を、「SR サイタマノラッパー」シリーズの入江悠監督が映画化した「太陽」に出演した古川雄輝が、クランクイン直後の心境を語ったインタビュー映像が公開された。

ウイルスの蔓延で人口が激減し、日光の下で生きられなくなった新人類“ノクス”と旧人類“キュリオ”に人類が2分した近未来。山奥の寒村に暮らすキュリオの男女、鉄彦(神木隆之介)と結(門脇麦)、監視役として村に派遣されたノクスの青年・森繁(古川)を軸に、理想の生き方を探してもがく若者の姿を描く。

ドラマ「イタズラなKiss~Love in TOKYO」で国内外から注目を集め、「脳内ポイズンベリー」(2015)、「ライチ☆光クラブ」(16)といった話題作に立て続けに出演した古川は、「入江さんの作品に前から出たいと思っていて、クランクインの日を楽しみにしていた」とほほ笑む。

「(脚本を読んで)現実の世界と違う世界観なので、どうやって演じていこうかというのが、はじめに思ったこと。少し緊張しましたけど初日は楽しくできて、明日からもがんばりたい」と抱負を語っているが、3月7日に行われた完成披露試写会で本人が語ったところによると、夜しか活動できないノクス役は昼夜逆転の生活を余儀なくされ、埼玉・秩父の寒さも相まってかなり苦しめられたようだ。

太陽」は、「グラスホッパー」(15)の村上淳、「海街diary」(15)の中村優子、「orange オレンジ」(15)の鶴見辰吾、神木と長瀬智也が共演した「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」(6月25日公開)の古舘寛治らが脇を固める。4月23日から全国公開。

SR サイタマノラッパー[DVD] SR サイタマノラッパー[DVD] 最安価格: ¥3,201 北関東のど真ん中、レコード屋もライブハウスもないサイタマ県の片田舎で、不器用ながらもラッパーを目指す青年たちを描く青春ドラマ。
脳内ポイズンベリー スペシャル・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 脳内ポイズンベリー スペシャル・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,908 優柔不断で恋にも二の足を踏んでしまうアラサー女子の悩める恋愛の行方を、擬人化された5つの思考〈ポジティヴ〉〈ネガティヴ〉〈衝動〉〈記憶〉〈理性〉が繰り広げる脳内会議の混乱ぶりとともにコミカルに描く。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi