orange オレンジ
ホーム > 作品情報 > 映画「orange オレンジ」
メニュー

orange オレンジ

劇場公開日 2015年12月12日

解説

「月刊アクション」連載の高野苺による人気コミック「orange」を実写映画化。未来の自分から届いた手紙をもとに、未来を変えるため奮闘する主人公の姿を描くファンタジックな青春群像劇で、NHK連続テレビ小説「まれ」のヒロインを演じた土屋太鳳と、その相手役となった山崎賢人が、再び主人公とその相手役という役どころで共演を果たした。高校2年生の春、高宮菜穂のもとに10年後の自分から一通の手紙が届く。そこには転校生の翔を好きになること、そして翔が1年後には死んでしまうということが書かれていた。最初はいたずらだと思った菜穂も、手紙に書かれていることが次々に起こると次第に手紙を信じるようになり、26歳の自分と同じ後悔を繰り返さないため、そして翔を救うため、運命を変えようと動き始める。

スタッフ

監督
原作
高野苺
製作
市川南
共同製作
戸塚源久
山本浩
岩田天植
吉川英作
高橋誠
宮本直人
エグゼクティブプロデューサー
山内章弘
企画
石黒裕亮
プロデュース
石黒裕亮
プロデューサー
神戸明
ラインプロデューサー
阿久根裕行
プロダクション統括
佐藤毅
撮影
鍋島淳裕
照明
かげつよし
録音
久野貴司
美術
古積弘二
装飾
鈴村高正
編集
瀧田隆一
音楽
大友良英
主題歌
コブクロ
助監督
猪腰弘之
製作担当
金子堅太郎

キャスト

作品データ

製作年 2015年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 139分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

受賞歴

第39回 日本アカデミー賞(2016年)

ノミネート
新人俳優賞 土屋太鳳
新人俳優賞 山崎賢人

インタビュー

土屋太鳳、怒涛の2015年に手に入れたのは「出会い」と「迷い」
インタビュー

「生きることはあがくことなのかな?」。20歳にして“朝ドラ女優”の看板を背負った土屋太鳳は最近、そんな思いに駆られるという。土屋が「まれ」の撮影終了から12日後にクランクインし、しかも「まれ」で夫婦を演じた山崎賢人を再び相手役とし、挑...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.7 3.7 (全169件)
  • 良いんじゃない? ネタバレ! 他のレビューにも多いように、確かに突っ込みどこ一杯のSFだけど、心が動かされた気がする。 設定的に、母親が亡くなる日やら理由やらに無理があるけど、制作者のメッセージは「生きること」への執着なのか... ...続きを読む

    hide hideさん  2016年7月17日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • 眠くなった… 話の内容が薄くて、土屋太鳳ちゃんの声がどっから声出してるの?って感じで映画に入り込めなかった。 ...続きを読む

    まる まるさん  2016年7月6日  評価:1.0
    このレビューに共感した/0人
  • 原作の方が、、、 原作を知ってるから正直、原作の面白さを超えてこない。 けど、山崎けんとと土屋たおの演技はよかった、ちゃんと泣ける。。。 ...続きを読む

    まさと まさとさん  2016年7月1日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

orange-オレンジ- Orange -オレンジ- orange-オレンジ- orange-オレンジ-
orange-オレンジ- Orange -オレンジ- orange-オレンジ- orange-オレンジ-
2016年6月8日 2016年6月9日 2016年6月8日 2016年6月9日
¥500 ¥400 ¥540 ¥540
Amazonビデオ iTunes スカパー!オンデマンド ひかりTVビデオ

他のユーザーは「orange オレンジ」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi