神木隆之介「太陽」の過酷すぎる撮影を述懐「魂を削りながら頑張りました」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年3月8日 > 神木隆之介「太陽」の過酷すぎる撮影を述懐「魂を削りながら頑張りました」
メニュー

神木隆之介「太陽」の過酷すぎる撮影を述懐「魂を削りながら頑張りました」

2016年3月8日 04:00

熱狂で迎えられた「太陽」出演者とスタッフ「太陽」

熱狂で迎えられた「太陽」出演者とスタッフ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 神木隆之介門脇麦がダブル主演を果たした映画「太陽」の完成披露試写会が3月7日、都内で行われた。2人をはじめ、古川雄輝古館寛治、原作者で脚本にも参加している前川知大入江悠監督が舞台挨拶に登壇した。

前川が主宰する「劇団イキウメ」が上演した人気舞台を、「SR サイタマノラッパー」シリーズの入江監督が映画化。ウイルスで人類の大半が命を落とし、日光の下で生きられなくなった新人類「ノクス」と旧人類「キュリオ」に分かれた世界で、自分たちの生きる道を探して葛藤する若者たちの姿を描く。

この日は、若い女性を中心とする約800人の観客が会場に詰め掛け、会場の前には長蛇の列ができた。中には徹夜で並ぼうとしたファンもいたという。神木、古川らが姿を現すと、司会者の声がかき消されるほどの大歓声が響き渡った。舞台挨拶中も、神木と古川が掛け合いの中で視線を絡ませるだけで悲鳴のような歓声がわき起こり、改めて両者の人気の高さをうかがわせた。

撮影は2014年の冬に埼玉・秩父で行われたが、相当過酷な内容だったようで、神木の口からは「本当に寒かった!」という言葉が何度となく飛び出す。「特に古川くんとのシーンはダムの近くの水辺で……魂を削りながら頑張りました!」と述懐した。門脇は、寒さに加えてハードな撮影スケジュールによる「睡眠不足も重なった」と語る。「そうなると人間、食欲が増すみたいで、いつもの倍くらい食べていたらコロコロになってビックリしました」と苦笑いを浮かべた。古川は特に、夜しか行動できないノクスを演じているため「夜の6時から日の出まで撮影で、日が出ている時間は起きていない生活で……」と昼夜逆転の日々に苦しめられたと明かした。

一方、門脇と親子役を演じた古館は、入江監督の粘りの撮影に言及し「疲れていても監督は納得しないとOKを出さない。僕は体が丈夫じゃないのに、こんなに体動かしたのは何年ぶりだ、という時に『もう1回』と言われて死を思い浮かべました」と恨み節。しかし、入江監督から「古館さんは3人(神木、門脇、古川)と比べて全然、動いていないですから」と反撃を食らっていた。

それぞれに撮影の苦労を語った俳優陣だったが、神木は改めて本作について「わからないことがいっぱい」と語り「後々わかったり、気づくこともあるけど、自由に見て『わからない』というのも大事なこと。1人ひとり、違う視点で見られる作品です」と訴え、会場は再び歓声と拍手に包まれた。

太陽」は、4月23日から全国公開。

SR サイタマノラッパー[DVD] SR サイタマノラッパー[DVD] 最安価格: ¥3,201 北関東のど真ん中、レコード屋もライブハウスもないサイタマ県の片田舎で、不器用ながらもラッパーを目指す青年たちを描く青春ドラマ。
SR サイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者[DVD] SR サイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者[DVD] 最安価格: ¥3,201 入江悠監督の青春ヒップホップ・ムービー「SR サイタマノラッパー」シリーズの第3弾。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi