「舟を編む」がノイタミナでアニメ化!原作・三浦しをん氏「キュンとした」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年3月20日 > 「舟を編む」がノイタミナでアニメ化!原作・三浦しをん氏「キュンとした」
メニュー

「舟を編む」がノイタミナでアニメ化!原作・三浦しをん氏「キュンとした」

2016年3月20日 08:00

「舟を編む」メインビジュアル「舟を編む」

「舟を編む」メインビジュアル
[拡大画像]

[映画.com ニュース] フジテレビの深夜アニメ枠「ノイタミナ」のプロジェクト発表会がこのほど、東京・アクアシティお台場のノイタミナショップ&カフェシアターで行われ、三浦しをん氏の小説「舟を編む」が同枠の10月クール作品としてテレビアニメ化されることが発表された。

2011年に発行された原作小説「舟を編む」は、真面目で口下手な編集者・馬締光也をはじめとする辞書編集部員たちが、新しく刊行する辞書「大渡海」を作り上げるまでを描く。13年4月には石井裕也監督のメガホン、松田龍平宮崎あおいの出演により実写映画化され、国内の賞レースを席巻するほどの高評価を得た。

発表会には、三浦氏と7月の放送作品「バッテリー」の原作者・あさのあつこ氏が出席。アニメ版の告知PVを見た三浦氏は、「(登場人物が)イケメンでびっくりした。キュンとしました」と喜びの声をあげ、「背景に描かれていた辞書編集部の棚の感じとかばっちりでした。きちんと調べて描いてくれたことにびっくり。嬉しかった」と笑顔で語った。

映画化、アニメ化と映像化が続くが、「(小説を)書いているときは映像のことは考えない」という。それだけに「作り手の方がどう解釈して、どう生まれ変わらせてくれるのか、なかなかできない体験なので、ありがたいし楽しみ」と期待を寄せる。そして三浦氏はあさの氏とともに「机に向かっているだけのアニメになったらどうしよう」「逆にすごくアクロバティックになっていたらどうしよう」と想像をめぐらせ、はしゃいでいた。

キャラクターデザインは、原作小説の挿絵を手がけた雲田はるこ氏が担当。雲田氏のファンだという三浦氏は、「アニメの絵の監修もしてくださっているので、ばっちりだと思います」と信頼を寄せ、「雲田さんの絵が動くと思うと楽しみですね」とほほ笑んだ。

テレビアニメ「舟を編む」公式サイト(http://www.funewoamu.com/)では告知PVが公開中。

舟を編む[Blu-ray/ブルーレイ] 舟を編む[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,309 出版社の辞書編集部を舞台に、新しい辞書づくりに取り組む人々の姿を描き、2012年本屋大賞で第1位を獲得した三浦しをんの同名小説を映画化。
バッテリー[DVD] バッテリー[DVD] 最安価格: ¥1,854 あさのあつこ原作の1000万部ベストセラーを映画化!12歳の天才少年ピッチャーを巡る友情と家族愛を描いた涙のストーリー!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi