さいとう・たかをが「007」ジェームズ・ボンドを描き下ろし!幻のコミックが復刻 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年12月12日 > さいとう・たかをが「007」ジェームズ・ボンドを描き下ろし!幻のコミックが復刻
メニュー

さいとう・たかをが「007」ジェームズ・ボンドを描き下ろし!幻のコミックが復刻

2015年12月12日 12:00

「007 スペクター」のキャラクターも登場!「女王陛下の007」

「007 スペクター」のキャラクターも登場!
SPECTRE (C) 2015 Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc., Danjaq,
LLC and Columbia Pictures Industries, Inc.
All rights reserved. (C)さいとう・たかを/小学館
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 漫画家のさいとう・たかを氏の画業60周年を企画し、氏が手がけた「劇画版『007』」(全4巻)の復刻版の出版が決定(うち2巻は発売中)。あわせて、描き下ろしのビジュアルが公開された。

1968年に刊行された同シリーズは、イアン・フレミング氏の原作小説をもとに、さいとう氏がオリジナル要素を加えたもの。「死ぬのは奴らだ」「サンダーボール作戦」「女王陛下の007」「黄金の銃を持つ男」の計4巻にわたって敏腕スパイ、ジェームズ・ボンドの活躍を描いている。いずれも映画化されているが、映画版とは異なるオリジナルストーリーにはファンならずとも期待が高まる。

公開されたビジュアルはそれぞれ「死ぬのは奴らだ」「サンダーボール作戦」の表紙に使用されているもの。映画版ではショーン・コネリーロジャー・ムーアがボンドを演じているが、渋さをより際立たせたボンドが印象的に描かれている。同作品が描かれたのはさいとう氏の代表作「ゴルゴ13」の連載前とのことだが、その作風が早くも確立されていることをうかがわせる完成度だ。

なお、ダニエル・クレイグが6代目のジェームズ・ボンドを演じ、日本では興行収入11億円を突破した映画版第24作「007 スペクター」には、原作小説では「サンダーボール作戦」に初登場し、映画版の過去作でもボンドを苦しめた犯罪組織「スペクター」が再登場。過去シリーズへのオマージュが散りばめられているほか、ボンドの過去を巡るストーリーが展開し、新旧ファン双方に向けたできばえとなっている。

「劇画版『007』復刻版」は、「死ぬのは奴らだ」「サンダーボール作戦」が発売中。「女王陛下の007」「黄金の銃を持つ男」は12月28日発売。映画「007 スペクター」は公開中。

女王陛下の007[Blu-ray/ブルーレイ] 女王陛下の007[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥927 2代目ボンド、ジョージ・レイゼンビー主演によるシリーズ第6作。
死ぬのは奴らだ[Blu-ray/ブルーレイ] 死ぬのは奴らだ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,000 3代目ボンドにロジャー・ムーアを迎えて贈る007シリーズ第8作。アフリカの麻薬市場を仕切る大物にボンドが果敢に挑む。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi