ジェームズ・フランコ、史上最低映画の製作過程を描く新作でメガホン : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年12月12日 > ジェームズ・フランコ、史上最低映画の製作過程を描く新作でメガホン
メニュー

ジェームズ・フランコ、史上最低映画の製作過程を描く新作でメガホン

2015年12月12日 12:00

ジェームズ・フランコ「The Room」

ジェームズ・フランコ
Photo by Stefania D'Alessandro/WireImage/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ジェームズ・フランコが、新作「The Disaster Artist(原題)」で監督・主演を務めることがわかった。フランコの親友セス・ローゲン、弟のデイブ・フランコ、モデル・女優のケイト・アプトンジョシュ・ハッチャーソンジャッキー・ウィーバー、アリ・グレイナーが共演する。

米ハリウッド・レポーターによれば、新作「The Disaster Artist」は、史上最低の映画と言われる2003年のトミー・ウィソー監督・製作・脚本・主演作「The Room(原題)」のメイキング過程を描くもの。「The Room」は銀行家の主人公ジョニーが、婚約者リサと親友マークに浮気されるという恋愛ドラマで、あまりに酷すぎて逆にクセになるとカルトファンを集めている。

The Room」に出演したグレッグ・セステロは、2013年にジャーナリストのトム・ビッセルと共著のノンフィクション「The Disaster Artist(原題)」を出版。無名俳優だったセステロが、全く映画製作の経験がないにも関わらず無謀な夢に挑んだ、エキセントリックなウィソーとの撮影を振り返る内容だ。

映画「The Disaster Artist」は、このノンフィクション本をもとに映画化。フランコがウィソー/ジョニー役、デイブがセステロ/マーク役を演じ、映画界で一旗揚げようとする2人のバディコメディになるという。脚本は、「きっと、星のせいじゃない。」のスコット・ノイスタッターマイケル・H・ウェバーが執筆。撮影は今週、ロサンゼルスでスタートする。

きっと、星のせいじゃない。[Blu-ray/ブルーレイ] きっと、星のせいじゃない。[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,566 『(500)日のサマー』のスタッフが贈る感動ドラマ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi