「バケモノの子」展、来場者5万人突破! 大阪開催も決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年8月19日 > 「バケモノの子」展、来場者5万人突破! 大阪開催も決定
メニュー

「バケモノの子」展、来場者5万人突破! 大阪開催も決定

2015年8月19日 13:10

『「バケモノの子」展』大阪会場は9月16~28日開催「バケモノの子」

『「バケモノの子」展』大阪会場は9月16~28日開催
[拡大画像]

[映画.com ニュース]現在開催中の細田守監督最新作「バケモノの子」の展覧会「『バケモノの子』展」が、7月24日のオープンから8月16日までの24日間で来場者が5万人を突破し、9月16日から大阪で開催されることが分かった。

同展覧会は、「細田守監督作品をみる・しる・あそぶ!」がテーマ。「時をかける少女(2006)」「サマーウォーズ」「おおかみこどもの雨と雪」といった過去作の絵コンテや原画、背景美術など300点以上のオリジナル素材の展示や、クリエイター集団「チームラボ」「面白法人カヤック」とコラボレーションした体感型展示を行っている。

大阪での開催は、西日本の細田監督ファンの要望に応え、スタジオ地図の特別協力で実現したもの。東京会場にはなかった等身大の熊徹着ぐるみなど、大阪会場でしか見られない展示物もあるという。また東京会場同様に、限定グッズや過去作品のオリジナルグッズの販売を行う。

「『バケモノの子』展」大阪会場は9月16~28日、大阪・大丸ミュージアム、大丸梅田店で開催。開場時間は、午前10時~午後8時(最終入場は午後7時30分)。チケットは8月22日から発売開始で、購入方法などは公式サイト(http://www.ntv.co.jp/bbe/)で随時アナウンスされる。東京会場は、渋谷ヒカリエのヒカリエホール(ホールA)で8月30日まで開催中。料金は東京・大阪会場ともに、大人(大学生以上)1700円、小人(高校生以下)900円、親子ペア(大人+小人)2400円。

映画は、人間界の渋谷とバケモノ界の渋天街(じゅうてんがい)を舞台に、バケモノ・熊徹の弟子となり、九太と名付けられた少年の冒険と成長を描く。公開37日間で観客動員数365万人、興行収入46億5000万円を突破し、前作「おおかみこどもの雨と雪」を抜き、細田監督作品歴代1位の記録を達成した。

おおかみこどもの雨と雪 Blu-ray+DVD ファミリーパッケージ版[Blu-ray/ブルーレイ] おおかみこどもの雨と雪 Blu-ray+DVD ファミリーパッケージ版[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,196 結婚・出産・子育てを通じて女性として成長していく花と、おおかみこどもとして生まれ自らのアイデンティティに悩みながら明るく生きる姉弟との家族の絆を描く感動作。
サマーウォーズ[Blu-ray/ブルーレイ] サマーウォーズ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥7,408 細田守監督をはじめとする「時をかける少女」のスタッフが再結集!夏休み、ひょんなことから片田舎の大家族に仲間入りした理系少年が、突如巻き起こった世界の危機に大家族とともに戦いを挑む姿を描く。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi