【国内映画ランキング】「HERO」が初登場首位、「ポケモン」3位、「インサイド・ヘッド」4位発進 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年7月22日 > 【国内映画ランキング】「HERO」が初登場首位、「ポケモン」3位、「インサイド・ヘッド」4位発進
メニュー

【国内映画ランキング】「HERO」が初登場首位、「ポケモン」3位、「インサイド・ヘッド」4位発進

2015年7月22日 12:50

首位に輝いた「HERO」「HERO」

首位に輝いた「HERO」
(C)2015フジテレビジョン ジェイ・ドリーム 東宝 FNS27社
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 7月18~19日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。全国的に学校が夏休みに入り、邦洋の期待作が公開された3連休の週末。初登場1位を獲得したのは、8年ぶりの劇場版第2作となる木村拓哉主演の「HERO」。全国443スクリーンで公開され、オープニング2日間で動員54万0963人、興収7億3277万4900円を記録し、今年公開された日本の実写映画でNo.1の好スタートを切った。ただ、この数字は最終興収81.5億円をあげた前作の動員比72.1%、興収比72.6%の成績。公開初日の18日には、フジテレビで特別番組「HERO THE TV」が放送され、12.2%の視聴率をマークしており、まずは興収50億円を突破できるかが一つの目安となりそうだ。

前週大ヒットスタートを切った「バケモノの子」は2位に後退するも、週末2日間で動員35万人、興収5億円弱を記録。依然として好調を維持しており、20日までで累計動員140万人を突破、19億円に迫っている。日本テレビの「金曜ロードSHOW!」では、7月3日から3週連続で細田守監督作品が放送され、17日には「時をかける少女」が13.4%の高視聴率を稼ぎ、テレビとの相乗効果を発揮している。

新作では、夏の人気定番アニメシリーズ最新作「ポケモン・ザ・ムービー XY 『光輪の超魔神 フーパ』」が3位にランクイン。全国364スクリーンで公開され、オープニング2日間で動員35万1592人、興収3億8411万5100円を記録した。これは昨年29.1億円をあげた前作に対して動員比87.7%、興収比97.7%の出足で、最終興収は20億円付近とみられる。なお、シリーズ累計動員が7000万人を突破した。

4位はピクサー・アニメの最新作「インサイド・ヘッド」。全国411スクリーンで公開され、オープニング2日間で動員31万6315人、興収4億0602万5100円をあげた。今年も好調を維持してきたディズニー配給作品だが、4月公開の「シンデレラ」、6月公開の「トゥモローランド」に続いての首位スタートとはならず、「バケモノの子」や「ポケモン」などのファミリー向けアニメと観客を分けあってしまった格好。ただし、口コミによる広がりが期待されることから、腰の強い興行で興収25億円が視野に入っている。

ターミネーター:新起動 ジェニシス」など他の作品はそれぞれ順位を下げたが、3連休の最終日20日までで「ターミネーター:新起動」「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」「ラブライブ! The School Idol Movie」「マッドマックス 怒りのデス・ロード」など、それぞれ興収を積み上げている。8月公開の洋画大作の参戦により、夏興行のさらなる盛り上がりを期待したい。

時をかける少女 Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] 時をかける少女 Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥5,236 1965年の原作発表以来、幾度となく実写映像化されてきた筒井康隆原作の「時をかける少女」。
シンデレラ MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] シンデレラ MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,127 ディズニーのクラシック・アニメーションの名作としても知られる「シンデレラ」を、ディズニーが新たに実写映画化。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi