シンデレラ
ホーム > 作品情報 > 映画「シンデレラ」
メニュー

シンデレラ

劇場公開日

解説

ディズニーのクラシック・アニメーションの名作としても知られる「シンデレラ」を、ディズニーが新たに実写映画化。母を病気で、父を事故で失ったエラは、父の後妻である継母とその連れ子のドリゼラとアナスタシアに「灰まみれのエラ」を意味する「シンデレラ」と呼ばれ、召使いのように扱われていた。ある日、耐えきれずに家を飛び出したエラは、森の中で城で働いているという青年キットと出会い、心を通わせる。王子である身分を隠していたキットは、城に帰ると父である国王から政略結婚を勧められるが、森で出会ったエラが忘れられず、彼女を探し出すため国中の未婚女性を招いた舞踏会を計画する。イギリス出身の新星リリー・ジェームズがシンデレラに扮し、意地悪な継母をオスカー女優のケイト・ブランシェットが演じた。俳優としても活躍し、監督としては「ハムレット」「恋の骨折り損」「魔笛」などを手がけてきたケネス・ブラナーがメガホンをとった。

作品データ

原題 Cinderella
製作年 2015年
製作国 アメリカ
配給 ディズニー
上映時間 105分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

受賞歴

第88回 アカデミー賞(2016年)

ノミネート
衣装デザイン賞 サンディ・パウエル

インタビュー

ケネス・ブラナー&リリー・ジェームズ「シンデレラ」に魔法をかけた英国人気質
インタビュー

「アナと雪の女王」「マレフィセント」で新たなヒロイン像を提示したウォルト・ディズニーが、満を持して放つ実写版「シンデレラ」が日本に上陸する。1950年に公開された同名のマスターピースは、戦後の混乱でピンチに立たされた当時のディズニー・...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

ゴージャスな舞踏会シーンが圧巻。アニメ版に忠実ながら「今っぽい」アレンジで女性の共感を呼ぶ新しい「シンデレラ」
シンデレラの映画評論・批評

「アリス・イン・ワンダーランド」「マレフィセント」に続くディズニー・アニメの実写版。悪役の魔女が半ば善玉化した「マレフィセント」と違い、基本のキャラクターとストーリーはアニメに忠実。ヒロインのエラ(リリー・ジェームズ)が舞踏会に着てい...シンデレラの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.9 3.9 (全305件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

シンデレラ (吹替版) シンデレラ (吹替版) シンデレラ シンデレラ (日本語吹替版)
シンデレラ (吹替版) シンデレラ (吹替版) シンデレラ シンデレラ (日本語吹替版)
2015年7月31日 2015年8月13日 2015年8月5日 2015年8月14日
¥500 ¥400 ¥500 ¥400
Amazonビデオ iTunes ビデオマーケット Google Play
※プレミアムコースの場合

他のユーザーは「シンデレラ」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi