フランス映画祭2015ラインナップ発表 オゾン、アサイヤス新作など12作品 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年5月9日 > フランス映画祭2015ラインナップ発表 オゾン、アサイヤス新作など12作品
メニュー

フランス映画祭2015ラインナップ発表 オゾン、アサイヤス新作など12作品

2015年5月9日 16:30

12本の上映作品と来日ゲストを発表「エール!」

12本の上映作品と来日ゲストを発表
[拡大画像]

[映画.com ニュース] フランスの最新映画を日本に紹介する「フランス映画祭2015」のラインナップ発表会が5月8日、アンスティチュ・フランセ東京で行われ、12本の上映作品が発表された。オープニング作品は、本国で700万人超を動員した感動作「La Famille Belier(原題)」で、邦題「エール!」として上映が決定した。

そのほか、フランソワ・オゾン監督の新作「The New Girlfriend(英題)」、オリビエ・アサイヤス監督が、ジュリエット・ビノシュクリステン・スチュワートクロエ・グレース・モレッツら豪華女優陣を起用した「シルス・マリア(原題)」、セザール賞7冠に輝いた「ティンブクトゥ(原題)」、チャップリン遺体誘拐の実話を映画化した「チャップリンからの贈りもの」、ビム・ベンダース監督が世界的写真家の軌跡を追ったドキュメンタリー「セバスチャン・サルガド 地球へのラブレター」など豪華ラインナップがずらり。「ヴェルヌイユ家の結婚狂騒曲」「夜、アルベルティーヌ」など日本公開未定作も見逃せない。また、仏老舗映画会社ゴーモン社創立120周年を記念し、クラシック作品としてマックス・オフルュス「たそがれの女心」が上映される。

ゲストは、主演作「ヴィオレット(原題)」を携えて来日する団長エマニュエル・ドゥボスを筆頭に、フランソワ・オゾン監督と主演女優アナイス・ドゥムースティエ、「ボヴァリー夫人とパン屋」のアンヌ・フォンテーヌ監督ら13人が来日予定で、6月27日には90年代のフレンチエレクトロシーンを描いた「EDEN エデン」の脚本を担当した、スベン・ハンセン=ラブによるDJパーティーが開催される。


画像2

[拡大画像]

ティエリー・ダナ駐日フランス大使は、2014年に日本で公開された仏映画の観客動員数が300万人超で、前年比60%増であることを発表。仏映画の日本での人気の高さを説明し、「仏映画にとって日本はとても重要な市場。極東地域で一番高く評価してくれる国」と話した。

「フランス映画祭2015」は6月26日から29日まで、有楽町朝日ホール、TOHOシネマズ日劇で開催。チケットは5月23日発売。大阪、京都、福岡でも一部プログラムを巡回上映する。また、関連イベントとして、ホロコーストをめぐる567分のドキュメンタリー「SHOAH ショア」のクロード・ランズマン監督を迎えてのティーチインをはじめとした、ゲストによる特別講義を行うマスタークラス、思春期の若者たちが登場する日仏映画を集めた特集上映「彼らの時代のすべての少年、少女たち」(5月17日~)がアンスティチュ・フランセ東京などで行われる。

上映作品全ラインナップやイベント詳細は公式サイト(http://unifrance.jp/festival/2015/ttp://unifrance.jp/festival/2015/)で告知する。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi