「フランス映画祭2015」6月26日開催決定! オープニングは本国大ヒットの感動作 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年4月6日 > 「フランス映画祭2015」6月26日開催決定! オープニングは本国大ヒットの感動作
メニュー

「フランス映画祭2015」6月26日開催決定! オープニングは本国大ヒットの感動作

2015年4月6日 14:00

オープニング作品「La Famille Belier(原題)」の一場面

オープニング作品「La Famille Belier(原題)」の一場面
(C)2014–Jerico –Mars Films –France 2 Cinema
–Quarante 12 Films–Vendome Production
–Nexus Factory –Umedia
[拡大画像]

[映画.com ニュース] フランスの最新映画を日本に紹介する「フランス映画祭2015」6月26日から開催することが決定した。オープニング作品は、本国で700万人超を動員したヒット作「La Famille Belier(原題)」。今年もゲストとして多彩な俳優、監督陣が来日する予定だ。

エリック・ラルティゴ監督がメガホンをとった「La Famille Belier(原題)」は、聴覚障害を持つ家族のもとに生まれ、手話で一家の通訳を務める長女が、歌の才能に目覚めていく感動作。そのほか、フランソワ・オゾン監督の新作でロマン・デュリス主演の「Une nouvelle amie(原題)」、マリ共和国の古都で父娘がイスラム過激派の弾圧と戦う姿を描き、セザール賞7冠に輝いた「Timbuktu(原題)」(アブデラマン・シサコ監督)の上映も決定している。

ユニフランス・フィルムズのイザベル・ジョルダーノ代表は、「共に暮らし、社会から追放されることなく、どうやって他とは『違う』存在でいられるのか。これが23回目を迎えるフランス映画祭でご紹介する12の上映作品の多くが語るテーマです」と映画祭の見どころを語っている。

「フランス映画祭2015」(http://unifrance.jp/festival)は6月26日から29日まで、有楽町朝日ホール、TOHOシネマズ日劇で開催。上映作品全ラインナップは5月8日発表、チケットは5月23日発売。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi