永瀬匡、「思ってることを言ってるだけ」毒舌絶好調も母への感謝忘れず : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年5月9日 > 永瀬匡、「思ってることを言ってるだけ」毒舌絶好調も母への感謝忘れず
メニュー

永瀬匡、「思ってることを言ってるだけ」毒舌絶好調も母への感謝忘れず

2015年5月9日 15:15

永瀬匡ら「ズタボロ」キャストが お母さんに「ありがとう!」「ズタボロ」

永瀬匡ら「ズタボロ」キャストが
お母さんに「ありがとう!」
[拡大画像]

[映画.com ニュース]ゲッツ板谷氏の自伝的小説を映画化した「ズタボロ」が5月9日公開し、主演の永瀬匡をはじめ、清水富美加堀井新太成田瑛基荒井敦史南果歩橋本一監督が都内劇場で舞台挨拶に臨んだ。

先日放送されたテレビ情報番組の食レポで「まずい」と発言した永瀬。この日の舞台挨拶では、母の日直前ということで用意された食用カーネーションを口にし、顔をゆがめながら「本当にまずい」ときっぱり。自身の毒舌がニュースとなり、注目を集めたことにも言及し、「思っていることを言っているだけ」と開き直っていた。

またこの日、永瀬の母親が来場する予定だったが、父親がぎっくり腰でかなわなかったと明かし、「息子よりも父親を取る、母も女だと思った」と毒づき会場は大爆笑。しかし、永瀬には秘密で両親は来場しており、司会から、母親が永瀬に宛てた温かい激励の手紙が読み上げられた。サプライズに驚いた永瀬は「また『ズタボロ』を機にネットニュースのトップになれるように頑張ります」と照れ隠しをしながら、感謝の言葉を客席の両親に投げかけていた。

映画は2007年に松田翔太主演で製作・公開された「ワルボロ」の続編。高校に進学した主人公コーイチと仲間たちが、暴走族、不良集団、ヤクザなどの抗争に巻き込まれていく姿を描く。コーイチの母親役を演じた南は「自分の体が傷ついても、友達のために突き進む男の子の友情にぐっときた。お母さんもコーイチよりケンカは強いぞ、というところを見せたかった」と役作りを振り返った。

そのほかキャスト陣は、「大学卒業のときに母から来た長いメールが忘れられない。今でも泣きそう」と目を潤ませた成田を筆頭に、「私がじんましんができたときに、いつも体に良いものを持ってきてくれてうれしい。今母は独身なので、結婚して欲しい」(清水)、「夏の日に弁当に納豆を入れるのはやめて! でもいつまでも元気でいて」(堀井)、「この作品に出られたのも、オーディションを薦めてくれた母のおかげ」(荒井)と、それぞれが母への感謝の思いを語った。

ワルボロ[DVD] ワルボロ[DVD] 最安価格: ¥3,024 松田翔太×新垣結衣共演で贈る、優等生からヤンキーに転身した少年の姿を描いた、ゲッツ板谷の自伝的小説を映画化。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi