瑛太が渡台!「まほろ駅前狂騒曲」が高雄映画祭でオープニング上映 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年9月22日 > 瑛太が渡台!「まほろ駅前狂騒曲」が高雄映画祭でオープニング上映
メニュー

瑛太が渡台!「まほろ駅前狂騒曲」が高雄映画祭でオープニング上映

2014年9月22日 05:00

高雄映画祭に参加する瑛太「まほろ駅前狂騒曲」

高雄映画祭に参加する瑛太
[拡大画像]

[映画.com ニュース]瑛太松田龍平がダブル主演する大森立嗣監督作「まほろ駅前狂騒曲」が、台湾で行われる第14回高雄映画祭(10月24日~11月9日)のオープニング上映作品に選出されたことが決定した。これを受け、瑛太と大森監督がアジアプレミアとなる上映に合わせて台湾入りし、舞台挨拶や上映後のティーチインに参加することが発表された。

今回の吉報について、瑛太は「『まほろ』が台湾へ行く日がとうとうきましたか。嬉しいです。たくさんの人の反応を楽しみにしています」と喜びのコメントを発表。今作の上映だけでなく、会期中に「Directors in Focus」部門で「ゲルマニウムの夜」「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」「ぼっちゃん」の特集上映が行われる大森監督は、「『まほろ』が台湾で大騒ぎをしてきます。これからどんどん、世界の『まほろ』、みんなの『まほろ』になれればいいなと思っています。そして、海外の僕の監督作品の特集上映が行われるのもこれが初めてです。台湾の皆さんにどのように受け入れられるのか、緊張もしますが、とても楽しみです」と話している。

同映画祭は、台湾国内およびアジアを中心とした国外の長編映画、短編映画など100本を超える作品が上映されることで知られている。日本映画にも力を入れており、過去には「恋の罪」(園子温監督)、「そして父になる」(是枝裕和監督)などの話題作も上映されている。

映画の原作は、三浦しをん氏のベストセラー小説。映画「まほろ駅前多田便利軒」、続編として製作されたテレビドラマ「まほろ駅前多田番外地」に続くシリーズ第3弾。瑛太、松田のほか高良健吾真木よう子本上まなみ新井浩文大森南朋らが続投している。まほろ市で便利屋を営む多田(瑛太)、変わり者の同級生・行天(松田)。多田は、行天の元妻から娘の子守り、まほろ市の裏番長・星から謎の新興宗教団体の極秘調査を押しつけられてしまう。厄介な依頼に悪戦苦闘するふたりは、バスジャック事件にまで巻きこまれてしまう。

まほろ駅前狂騒曲」は、10月18日から全国で公開。

まほろ駅前番外地 DVD BOX【期間限定出荷版】[DVD] まほろ駅前番外地 DVD BOX【期間限定出荷版】[DVD] 最安価格: - 瑛太と松田龍平が贈る、痛快でじんわり心に響く最強バディストーリー。
まほろ駅前多田便利軒 スペシャル・プライス[Blu-ray/ブルーレイ] まほろ駅前多田便利軒 スペシャル・プライス[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,618 瑛太と松田龍平が贈る、痛快でじんわり心に響く最強バディストーリー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi