ケンタとジュンとカヨちゃんの国
ホーム > 作品情報 > 映画「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」
メニュー

ケンタとジュンとカヨちゃんの国

劇場公開日

解説

孤児院で兄弟のように育ったケンタとジュンは、ひたすら壁を壊すだけの解体工事の仕事(はつり)で生計を立てていた。低賃金で重労働という厳しい環境に加え、陰険ないじめが横行する現実に苛立つ2人は、所属する会社の事務所をぶち壊して、ケンタの兄がいる北を目指し旅に出るが……。出演は、ケンタに松田翔太、ジュンに高良健吾、カヨに安藤サクラ。監督・脚本は「ゲルマニウムの夜」の大森立嗣。

スタッフ

監督
撮影
大塚亮
脚本
大森立嗣
美術
杉本亮
編集
普嶋信一
音楽
大友良英

作品データ

製作年 2009年
製作国 日本
配給 リトルモア
上映時間 131分
映倫区分 G
 

インタビュー:ケンタとジュンとカヨちゃんの国

【特別対談】荒戸源次郎×大森立嗣監督
ケンタとジュンとカヨちゃんの国のインタビュー

養護施設で育った孤児の青年ケンタとジュンの果てなき旅路と、彼らの旅を見届ける女性カヨちゃんを描いた青春ロードムービー「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」が絶賛公開中だ。eiga.comでは、本作を見て「この映画のためなら何でも協力する」...ケンタとジュンとカヨちゃんの国のインタビュー

関連ニュース:ケンタとジュンとカヨちゃんの国

ケンタとジュンとカヨちゃんの国の関連ニュース

映画評論:ケンタとジュンとカヨちゃんの国

大森作品における重力は肉体の確かな重みに他ならない
ケンタとジュンとカヨちゃんの国の映画評論・批評

大森立嗣の作品には重力がある。主人公たちは飛べずに地面を這いまわり、観るほうもまたその強いエネルギーに吸引される。だがその重さは題材からくるものではない。だから物語の背景に格差社会があっても、格差社会の映画と捉えてしまうと作品の本質か...ケンタとジュンとカヨちゃんの国の映画評論・批評

映画レビュー:ケンタとジュンとカヨちゃんの国

平均評価
3.5 3.5 50 (全9件)
  • 衝撃的でした。 ネタバレ! こんなに奥深くこんなに考えさせられる映画に出会ったのは初めてです! すごく切ない。けどすごくいい話。 嫌な世界から抜け出すために旅を始めたのに旅をすればするほどケンタとジュンの気持ちはすれ違って... ...続きを読む

    ShiHo ShiHoさん  2013年5月29日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • 重いが、映画館で観たかった。 ネタバレ! 重い…。 最後まで誰も救われない。 ジュンとケンタが自分達の取り巻く環境を壊す為にジュンのお兄ちゃんに会いに行くが、全て最悪のシナリオに導かれる。 この世界を壊せると思っていたお兄ちゃんに会うが... ...続きを読む

    hiro hiroさん  2012年6月3日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • 五感で観る。 最近思う、映画館で見るべき映画とは何なのかを。 DVDリリースの期間が早い現代、DVDで事足りてしまう作品も溢れる。 そんな中で、この映画はまさに映画館で見るべき映画な気がした。 DVDで見てい... ...続きを読む

    TOKUSHI TOKUSHIさん  2010年7月2日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • ケンタとジュンとカヨちゃんの国のすべての映画レビュー
  • ケンタとジュンとカヨちゃんの国の映画レビューを書く

他のユーザーは「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画