【全米映画ランキング】「300 スリーハンドレッド 帝国の進撃」が首位デビュー : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年3月12日 > 【全米映画ランキング】「300 スリーハンドレッド 帝国の進撃」が首位デビュー
メニュー

【全米映画ランキング】「300 スリーハンドレッド 帝国の進撃」が首位デビュー

2014年3月12日 13:20

「300 スリーハンドレッド 帝国の進撃」の一場面「300 スリーハンドレッド」

「300 スリーハンドレッド 帝国の進撃」の一場面
(C)2014 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
[拡大画像]

[映画.com ニュース]前週に引き続き、2本の新作が上位を独占した全米ボックスオフィスは、大ヒット歴史アクションの続編「300 スリーハンドレッド 帝国の進撃」が約4500万ドルのオープニング興収で首位デビューを果たした。

同作は、フランク・ミラー氏による同名グラフィックノベルを、ジェラルド・バトラー主演、ザック・スナイダー監督で映画化し、北米興収約2億1000万ドル、全世界興収約4億5000万ドルの大ヒットを記録した「300 スリーハンドレッド」(2007)の7年ぶりとなる続編。

紀元前480年のペルシア戦争テルモピュライの戦いを、スパルタ王レオニダス(バトラー)ら300名の重装歩兵の死闘を中心に描いた前作に対し、今作ではギリシャ軍の指揮を執ったテミストクレス将軍の活躍を中心に、アルテミシオンの海戦やサラミスの海戦が描かれる。

出演は、主人公テミストクレスにオーストラリア出身のサリバン・ステイプルトン(「アニマル・キングダム」「L.A. ギャング ストーリー」)、エバ・グリーンレナ・ヘディハンス・マシソンロドリゴ・サントロデビッド・ウェンハム。「マン・オブ・スティール」とその続編に掛かりきりのスナイダーに代わりメガホンをとったのは、CMディレクター出身のノーム・ムーロ。レビューは賛否が半々で、オープニング興収も前作の約7000万ドルから約4500万ドルとなったが、バトラーの不在を考えると大健闘と言えるだろう。

約3200万ドルのオープニング興収で2位デビューとなったのは、ドリームワークス・アニメーションが1960年代のテレビアニメシリーズをベースに製作した最新作「Mr. Peabody & Sherman」。天才犬で科学者のミスター・ピーボディが作ったタイムマシンを養子の少年シャーマンが誤って使ったことから起こる時空のゆがみを修正するために2人が冒険の旅に出るというストーリー。レビューはまずまずだったが、爆発的なスタートにはならなかった。メガホンをとったのは「ライオン・キング」「スチュワート・リトル」「ドラゴン・キングダム」など、アニメと実写の両方を手がけるロブ・ミンコフ

3位は前週首位だったリーアム・ニーソン主演「ノンストップ(原題)」。累計興収は約5200万ドルとなり、グロス(最終興収)は1億ドル近辺になりそうだ。

その他圏外に、ウェス・アンダーソン監督の新作「グランド・ブダペスト・ホテル」が登場。ニューヨーク、ロサンゼルスの4館限定公開ながら15位につけている。

今週末は、超人気テレビシリーズ「ブレイキング・バッド」の人気俳優アーロン・ポール主演のカーアクション「ニード・フォー・スピード」に、タイラー・ペリー監督のアフロ・アメリカン向けコメディ「Tyler Perry's The Single Moms Club」が公開となる。

300〈スリーハンドレッド〉 コンプリート・エクスペリエンス[Blu-ray/ブルーレイ] 300〈スリーハンドレッド〉 コンプリート・エクスペリエンス[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥982 伝説的な史実「テルモピュライの戦い」を基に、侵略を目論むペルシア軍の大軍100万人に、たった300人の兵士で立ち向かったスパルタ軍の男たちの勇姿を描く衝撃の歴史スペクタクル。
ホーンテッドマンション[Blu-ray/ブルーレイ] ホーンテッドマンション[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,620 ロブ・ミンコフ監督が恐怖の館のゴーストたちの不思議な世界を描く。エディ・マーフィの演技も見逃せないが、テレンス・スタンプが物静かな不気味な演技で観る者をひきつける。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi