かもし出す“憂い”が人気の新ジャンル「シックボーイ」とは? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年9月18日 > かもし出す“憂い”が人気の新ジャンル「シックボーイ」とは?
メニュー

かもし出す“憂い”が人気の新ジャンル「シックボーイ」とは?

2013年9月18日 21:00

(左から)ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ、 デイン・デハーン、エズラ・ミラー「ビザンチウム」

(左から)ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ、
デイン・デハーン、エズラ・ミラー
(C)Parallel Films (Byzantium) Limited / Number 9 Films
(Byzantium) Limited 2012, All Rights Reserved
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ホワイトハウス・ダウン」のチャニング・テイタム、「レッド・ドーン」のクリス・ヘムズワース、「オンリー・ゴッド・フォーギブス(原題)」のライアン・ゴズリングと、鍛え上げた肉体を持つ顔ぶれがハリウッドで熱い注目を集めているが、一方で正反対の“病弱”ともとれる印象の俳優陣が女性ファンをときめかせているトレンドが起こっている。「シックボーイ」と呼ばれ、鬱々(うつうつ)とした瞳と白い肌、そして無造作な長髪などがかもし出す独特の存在感が、近年もてはやされているという。

初主演作「少年は残酷な弓を射る」で強烈な印象を残し、「ウォールフラワー」の公開も控えるエズラ・ミラー、「プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ 宿命」でゴズリングの息子役を演じ、「メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー」で初主演を務めるデイン・デハーンにも注目だが、シックボーイの代表格といえば、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズの名が挙げられる。アカデミー賞4部門受賞のサスペンス「ノーカントリー」で映画デビューし、「ソーシャル・ネットワーク」「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」などの話題作に次々と出演。そして2013年、デビッド・クローネンバーグの実子ブランドンの長編初監督作「アンチヴァイラル」で初主演を果たした注目株だ。

ジョーンズが最新公開作「ビザンチウム」で演じるのは、不死の病に犯されながらも、シアーシャ・ローナン演じるバンパイアの少女と恋に落ちる青年役。同作は「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」のニール・ジョーダン監督が、約20年ぶりに手掛けるバンパイアをテーマにした美しくも切ない物語。ジョーンズは、神秘性あふれる映像世界で、「一番難しかったのは、誠実にがんの症状を表現することだった」と振り返るはかなげな演技を披露している。

ビザンチウム」は、9月20日より全国公開。

G.I.ジョー バック2リベンジ 完全制覇ロングバージョン 3D...[Blu-ray/ブルーレイ] G.I.ジョー バック2リベンジ 完全制覇ロングバージョン 3D...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,847 “新生G.I.ジョー”がリベンジに挑む、迫力のバトルアクション大作!
少年は残酷な弓を射る[DVD] 少年は残酷な弓を射る[DVD] 最安価格: ¥3,175 母親に異常なまでの悪意と執着心を持つ息子と、彼に戸惑うその母が行き着く先とは──深淵な親子の関係を描いたエモーショナル・サスペンス。出演:エズラ・ミラー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi