堤真一「本当にごめん」三丁目の夕日3D化に懐疑的だった : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年2月5日 > 堤真一「本当にごめん」三丁目の夕日3D化に懐疑的だった
メニュー

堤真一「本当にごめん」三丁目の夕日3D化に懐疑的だった

2012年2月5日 20:45

観客動員150万人突破が確実となった「ALWAYS 三丁目の夕日’64」「ALWAYS 続・三丁目の夕日」

観客動員150万人突破が確実となった「ALWAYS 三丁目の夕日’64」
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の堤真一が2月5日、東京・TOHOシネマズスカラ座で行われた「ALWAYS 三丁目の夕日’64」の大ヒット御礼舞台挨拶に吉岡秀隆堀北真希山崎貴監督らとともに登壇。シリーズ初の3D作品として1月21日に全国473スクリーンで封切られ、2月5日時点で観客動員150万人突破が確実視されている。堤は「最初は『三丁目の夕日』が3Dかよって、プロデューサーにブーブー文句を言っていた」と3D化に懐疑的だったと告白。「でも本編を見たら、もうオープニングで号泣(笑)。本当にごめんなさい」と平謝りだった。

この日は登壇者が「今だから言える思い出話」を披露。吉岡は「ALWAYS 続・三丁目の夕日」(2007)公開の際、実際に劇場に足を運んだが「ずいぶん若いお客さんが多いなと思ったら『恋空』のスクリーンだった。慌てて『ALWAYS』のスクリーンに戻ったら、おじいちゃん、おばあちゃんが多くてナフタリンくさくて安心しました」と失敗談で笑いを誘った。

また、“六ちゃん”こと堀北は同じく「ALWAYS 続・三丁目の夕日」の撮影時、高校卒業を目前に控えており「撮影の合間に、セットの裏に机を置いて勉強していた。正直、撮影中も頭の半分はそっち(勉強)でいっぱいだった」と暴露した。西岸良平のコミックを原作に、昭和30年代の東京下町に暮らす人々の悲喜こもごもを描いた人気シリーズ第3作。写真撮影では約640人の観客が、吉岡らとともに手にした“ミニくす玉”を一斉に割り、ヒットを祝っていた。

ALWAYS 三丁目の夕日/ALWAYS 続・三丁目の夕日 二作品収納版[DVD] ALWAYS 三丁目の夕日/ALWAYS 続・三丁目の夕日 二作品収納版[DVD] 最安価格: ¥5,322 昭和30年代の東京を舞台に貧しいながらも前向きに生きる、懐かしく温かい三丁目の人々の交流が綴られる。山崎貴監督作品。
ビギナー DVD-BOX[DVD] ビギナー DVD-BOX[DVD] 最安価格: ¥19,749 法律家を目指す個性的な司法修習生たちが、司法研修所で互いに刺激し、触れ合いながら成長していく姿を描く。出演:堤真一

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi