「ALWAYS 三丁目の夕日’64」興収50億へ向け絶好の滑り出し : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年1月24日 > 「ALWAYS 三丁目の夕日’64」興収50億へ向け絶好の滑り出し
メニュー

「ALWAYS 三丁目の夕日’64」興収50億へ向け絶好の滑り出し

2012年1月24日 16:20

大ヒットスタートを飾った「ALWAYS 三丁目の夕日’64」「ALWAYS 三丁目の夕日’64」

大ヒットスタートを飾った「ALWAYS 三丁目の夕日’64」
(C)2012「ALWAYS 三丁目の夕日’64」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 山崎貴監督の「ALWAYS 三丁目の夕日’64」が、興行収入50億円も視野に入る絶好のスタートを切ったことがわかった。同作は1月21日、全国473スクリーン(うち3D上映が399スクリーン)で封切り。悪天候だったのにもかかわらず、週末2日間で観客動員42万1274人、興収5億5566万3750円を記録した。

昭和30年代の東京下町を舞台にした最新作が、シリーズ最高のスタートを飾った。公開日が祝日だった前作「ALWAYS 続・三丁目の夕日」(興収45.6億円)対比で、100.9%。また、シリーズ初の3D上映に加え、前作よりも91スクリーン増の拡大公開であるため、興収50億円超えも想定できる数字だ。

今作は、東京オリンピックが開催された1964年、夕日町三丁目の2つの家族を軸に展開される人間ドラマ。シリーズを通じてメガホンをとる山崎監督のもと、吉岡秀隆堤真一薬師丸ひろ子小雪堀北真希三浦友和らレギュラーキャストをはじめ、森山未來大森南朋といった新キャストが顔をそろえた。

パソコンと携帯電話を使ったウェブアンケートによれば、客層は男女比62対38。年齢別では50代が36.2%ともっとも多く、40代(23.8%)、20代(13%)、30代(11.9%)、60代(5.9%)と続く。高年齢層のファンを中心に稼働しており、今後も平日興行を賑わす可能性が高い。また、アンケートに答えた93%が「人にすすめたい」と答えており、口コミでの広がりも予想される。今後の興行展開にも大きな注目が集まる。

ALWAYS 三丁目の夕日[Blu-ray/ブルーレイ] ALWAYS 三丁目の夕日[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,966 「ALWAYS 三丁目の夕日」がBlu-ray化。舞台はまだ東京タワーが建設中だった昭和33年の日本、貧しくても夢に向かって明るく生きる人々の生活を描く。
ALWAYS 三丁目の夕日/ALWAYS 続・三丁目の夕日 二作品収納版[DVD] ALWAYS 三丁目の夕日/ALWAYS 続・三丁目の夕日 二作品収納版[DVD] 最安価格: ¥5,361 全ての日本人に贈る、西岸良平原作の心温まるヒューマンドラマ「ALWAYS 三丁目の夕日」通常版DVD+「ALWAYS 続・三丁目の夕日」通常版DVDの2枚組。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi