MISIA「もののけ島のナキ」の主題歌にチャップリンの名曲をカバー : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年9月14日 > MISIA「もののけ島のナキ」の主題歌にチャップリンの名曲をカバー
メニュー

MISIA「もののけ島のナキ」の主題歌にチャップリンの名曲をカバー

2011年9月14日 12:13

被災地の子どもたちとともに名曲「Smile」を合唱「フレンズ もののけ島のナキ」 被災地の子どもたちとともに名曲「Smile」を合唱
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 歌手のMISIAが、山崎貴監督が八木竜一監督と共同でメガホンをとった
3DCGアニメーション映画「friends もののけ島のナキ」の主題歌として、チャールズ・チャップリンが作曲した「モダン・タイムス」(1936)の挿入歌「Smile」をカバーしたことが分かった。

山崎監督から「子どものコーラスを取り入れてほしい」と要望を受けたMISIAは、自ら東日本大震災の被災地である宮城・仙台を訪れ、現地で活動している3つの少年少女合唱団とともにレコーディングを行った。「『気持ちが落ち込む子もいたけど、今日こうして歌えることを楽しみに頑張ってきました』という先生の言葉に、一緒に歌うことができて心から良かったと思いました」と振り返った。


画像2 (C)2011「friends」製作委員会
[拡大画像]

できあがった楽曲について山崎監督は、「『つらいときこそほほんでみようよ』というこの曲のメッセージはくしくも震災後の今、より直接的で強いものになってしまいましたが、今このときだからこそMISIAさんの優しくも力強い歌声の力が必要だったのだろうと感じています。つらい思いをしている人たちに、僕らの映画から生まれたこの小さな灯火(ともしび)の暖かさが届くことを願っています」と語った。

今回の主題歌決定を受け、山崎監督と八木監督はMISIAのオリジナルキャラクターをデザイン。主人公ナキやグンジョーなど劇中のキャラクターをコーラス隊に迎えた、かわいらしいビジュアルに仕上げた。

原作は、童話作家・浜田広介が65年に発表した児童文学「泣いた赤おに」。海に浮かぶ孤島“もののけ島”を舞台に、嫌われ者の赤鬼・ナキが人間の子ども・コタケと友情を育む姿を描く。

「friends もののけ島のナキ」は、12月17日から全国で公開。

レビュー利用規約に同意の上、コメント投稿する

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 寄生獣の評論 寄生獣 哲学的モチーフ、ギリギリの衝撃映像、役者の力が後編への期待をあおる
  • フューリーの評論 フューリー ディテールにこだわった体感型戦争映画の新たな到達点
  • くるみ割り人形の評論 くるみ割り人形 35年もの歳月を遡及する増田セバスチャンとサンリオとの出逢い
映画評論の一覧を見る