トム・クルーズの出世作「トップガン」を3D映画化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年9月14日 > トム・クルーズの出世作「トップガン」を3D映画化
メニュー

トム・クルーズの出世作「トップガン」を3D映画化

2011年9月14日 11:17

懐かしのヒット作が3Dに「トップガン」

懐かしのヒット作が3Dに
写真:Moviestore Collection/AFLO
[拡大画像]

[映画.com ニュース] トム・クルーズ主演作「トップガン」が、3D映画として公開されることになったとハリウッド・レポーター紙が報じた。

トップガン」はエリートパイロットの活躍を描く1986年のアクション映画で、クルーズをはじめ、監督のトニー・スコット、そしてプロデューサーのジェリー・ブラッカイマーなど、その後のハリウッドをけん引する才能がブレイクするきっかけになった作品として知られている。

9月12日、オランダのアムステルダムで行われている放送に関する国際展示会議(International Broadcasting Convention)で、3Dへの変換作業を専門にするLegend3D社が、3D版「トップガン」のフッテージを一部公開。ケニー・ロギンスのテーマ曲「デンジャー・ゾーン」にあわせて展開する4分間の空中戦が披露された。

Legend3Dのロブ・ハメルCEOは、2012年上半期の劇場公開を予定していると話している。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi