「M:I」最新作、イーサン・ハントが世界遺産クレムリン爆破に関与? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年9月14日 > 「M:I」最新作、イーサン・ハントが世界遺産クレムリン爆破に関与?
メニュー

「M:I」最新作、イーサン・ハントが世界遺産クレムリン爆破に関与?

2011年9月14日 12:13

イーサン・ハントが挑む次なるミッションとは?「ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル」

イーサン・ハントが挑む次なるミッションとは?
(C)2011 PARAMOUNT PICTURES. All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] トム・クルーズ主演の人気スパイアクションシリーズ第4弾「ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル」の最新ビジュアルが、このほど公開された。

ピクサーで「Mr.インクレディブル」(04)などを手がけてきたブラッド・バード監督が初挑戦した実写映画。ドバイ、ロシア・モスクワ、ハンガリー・ブタペスト、カナダ・バンクーバー、インド・ムンバイなどシリーズ最大規模で撮影が敢行され、主人公イーサン・ハントがスリリングなミッションに挑む。

最新ビジュアルは、モスクワにある旧ロシア帝国の宮殿で世界遺産のクレムリンが炎上。真っ黒な衣装に身を包んだイーサン(クルーズ)が、燃え盛る炎と立ち上る煙を背に厳しい表情を見せる。緊張感漂う同シーンは、すべての事件のきっかけとなる冒頭場面だという。

物語の詳細について口を閉ざしてきたバード監督は、「イーサン・ハントとIMF(インッポッシブル・ミッション・フォース)の彼のチームは、怪しげな出所のゴースト・プロトコルに振り回され、頼みの綱のIMFからもクレムリン爆破に関与している疑いでメンバー登録を抹消されてしまう。イーサンたちは孤立無援の最悪の状態の中、史上最大の事件に直面することになる」と初めてストーリーを明かした。

さらに「今までの作品よりも今回アンサンブルの重要性は高い」と話しながら、「ストーリーはイーサン・ハントを中心に展開している。ストーリーを伝えるための手段としてアンサンブルの関わりは大きかったが、それでもやはり、これはイーサン・ハントの映画だ。このストーリーは彼が背負っているんだ」とクルーズの役どころの重要性を語った。

前作「M:i:III」(2006)を監督したJ・J・エイブラムスが製作に参加。クルーズをはじめジェレミー・レナーポーラ・パットンサイモン・ペッグらが出演する。

ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル」は、12月16日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi